フランス・フットボール通信BACK NUMBER

史上最高のワールドカップはどの回だ?
後編・イタリアは砕け散るだろう。

posted2020/06/30 11:45

 
史上最高のワールドカップはどの回だ?後編・イタリアは砕け散るだろう。<Number Web> photograph by L'Equipe

父と同じサッカー選手としての道を進んだアレッサンドロ・マッツォーラ。イタリア代表としてメキシコW杯決勝ではブラジルとぶつかった。

text by

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィ

エリック・フロジオ&ヴァレンティン・パウルッツィEric Frosio et Valentin Pauluzzi

PROFILE

photograph by

L'Equipe

 トスタン自身が2得点を決めたブラジルのペルーとの準々決勝。《世紀の試合》、ワールドカップ史上最高の名勝負と、今日まで評判の高い準決勝のイタリア対西ドイツ戦。そしてブラジルの攻撃サッカーが後半炸裂し、有終の美を飾った決勝戦……。アレッサンドロ・マッツォーラとトスタン、ふたりの話はさらに続く。

監修:田村修一

誇らしいのはアシストの数々。

――トスタン、ブラジルの準々決勝はペルーが相手で、内容的にも楽勝でした。あなた自身も2得点をあげましたが、これはあなたがこの大会で得点を決めた唯一の試合でもあります。

トスタン(以下T):この大会を通して私の役割はアタッカー兼ゲームメイカーで、ペレとジャイルジーニョの仕事をしやすくすることだった。つまり得点は私の仕事ではなかった。だが、アタッカーが得点せずには許されない。だから相手のゴールをこじ開けて、チームが準決勝に進む手助けができたことに満足している。でもこの2ゴールは、今はもうほとんど誰も覚えていないだろう。記憶に残っているのはイングランド戦での(ジャイルジーニョの決勝点に繋がった)ペレへのパスであり、ウルグアイ戦でのクロドアウドとジャイルジーニョのゴールに結びついたパスだろうと思う。

――では、得点を決めた感慨はさほど強くはなかったのですか?

T:得点よりもアシストの数々を誇らしく感じている。パスのほうが難しかったからだ。精度が求められ、チームにとっても貴重だった。

 所属するクルゼイロでは、私はペレのようにプレーしていた。少し後ろから攻め上がってフィニッシュを決める。だが、セレソンでは、私は自分の慣れたエリアでのプレーができなかった。常に前でプレーすることに順応しなければならず、相手ディフェンダーに常に監視されている囚人のような気分だった。プレーのためのスペースはかなり限られていて、決定的な仕事もあまりできなかった。ただ、そうして機能したことが、しばしば素晴らしい結果を生み出したのは幸いだった。

【次ページ】心が震えた。あんな試合は他にない。

1 2 3 4 5 NEXT
アレッサンドロ・マッツォーラ
トスタン
ペレ
ジャイルジーニョ
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ