JリーグPRESSBACK NUMBER

3人の監督が予測困難なJ2を語る。
「我々にはチャンス」「楽しみ」 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/06/27 08:00

3人の監督が予測困難なJ2を語る。「我々にはチャンス」「楽しみ」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

サポーターをスタジアムに迎え入れるにはもう少し時間がかかるが、ついにサッカーのある日常が帰ってくる。

「この状況も楽しむぐらいの気持ちで」

 そういったこともすべて受け入れていく覚悟が、各チームの監督と選手たちには求められるのだろう。’09年から12年連続でJリーグのクラブを指揮している高木監督は、落ち着いた口調で語る。

「プレーオフが無くなったぶん、J1昇格の難しさは増したでしょう。でも、自分たちは自動昇格を目標にしていますので、気持ちの変化はありません。これからどんなことが起こるのか分かりませんが、色々なことをあらかじめ想定しておきながら、この状況も楽しむぐらいの気持ちで臨みたいですね」

 秋葉監督も声を弾ませる。2月の開幕戦ではホームで大宮に競り負けたが、躍動感あふれるサッカーは大いなる可能性を感じさせた。

「全選手のコンディションが上がってきていて、誰をスタメンに選ぼうか本当に悩みます。ブンデスリーガを観ていても、イレギュラーなことが起こっています。変化を受け入れて、察知して、いち早く対応する。細心の注意を払いながら、大胆に戦いたいですね」

Jリーグが開催されることへの感謝を。

 誰も経験したことのないシーズンだからこそ、瞬発力を発揮して課題を克服し、なおかつ「自分たちらしさ」を見失わない。さらに言えば、そんなシーズンだからこそ、サッカーができる喜びを心に刻み、Jリーグが開催されることへの感謝を表現するチームが、勝利を引き寄せていくに違いない。自分のためではなく誰かのために戦うとの思いは、困難を乗り越える支えとなっていくからだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
高木琢也
永井秀樹
秋葉忠宏
大宮アルディージャ
水戸ホーリーホック
東京ヴェルディ

Jリーグの前後の記事

ページトップ