欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

再開目前プレミア、CL争いが風雲急。
トッテナムに心強すぎる3人が復帰。

posted2020/06/11 07:00

 
再開目前プレミア、CL争いが風雲急。トッテナムに心強すぎる3人が復帰。<Number Web> photograph by Getty Images

プレミアリーグ再開に向かうソン・フンミン(左)とハリー・ケイン(右)。彼らはどんな闘いを見せてくれるだろうか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 6月17日、プレミアリーグが再開する見通しだ。

 新型コロナウイルスとの共存は難しすぎるテーマであり、感染拡大防止策を徹底しながらの戦いになる。無観客、PCR検査、移動距離・人数の制限など、これまでになかった条件が突きつけられ、クラブ内でも再開を支持する者、時期尚早とする者で意見が分かれているという。再開後もいくつかの難題が生じる公算は小さくない。

 さて、リーグが中断している間、各選手はクラブ側が作成した綿密なトレーニングメニューをこなしてきた。全体練習が許可された5月下旬までは個別のからだ作りだったため、腹の周りが弛んだ者もいる。彼らにはより厳しいメニューが課されるに違いない。また、中断期間に負傷が癒え、体調を整えて再開に臨む選手もいるはずだ。

 ハリー・ケインが、ムサ・シッソコが、そしてソン・フンミンが帰ってくる。トッテナムのサポーターは喜んでいるに違いない。

トッテナムに銃弾が装填される。

 ケインとシッソコは1月1日に、ソンは2月16日に負傷のため戦列を離れたが、彼ら3人の復帰は大きなプラスだ。メンバー表に誰の名前を書き込むかで悩んでいたジョゼ・モウリーニョ監督だが、これからは誰を外すかという贅沢な人選が始まる。

 トッテナムは中断前の公式戦6試合で1分5敗という不振だった。チャンピオンズリーグでRBライプツィヒに連敗。プレミアリーグではチェルシーとウォルバーハンプトンに屈し、バーンリーにも勝てなかった。ノリッチにPK戦で敗れ、FAカップは5回戦で姿を消した。

「銃弾を装填していない銃では闘えない。バルセロナに当てはめると、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、アントワン・グリーズマンが同時に欠場するようなものだ」

 独特の言い回しでモウリーニョが嘆いた。

 しかしいま、銃弾が装填されようとしている。

【次ページ】帰ってきた最強の3人。

1 2 3 4 NEXT
トッテナム
ハリー・ケイン
ムサ・シッソコ
ソン・フンミン
レスター

海外サッカーの前後の記事

ページトップ