欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

再開目前プレミア、CL争いが風雲急。
トッテナムに心強すぎる3人が復帰。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/06/11 07:00

再開目前プレミア、CL争いが風雲急。トッテナムに心強すぎる3人が復帰。<Number Web> photograph by Getty Images

プレミアリーグ再開に向かうソン・フンミン(左)とハリー・ケイン(右)。彼らはどんな闘いを見せてくれるだろうか。

異常事態に問われるメンタル。

 さて、残留争いも熾烈を極めるだろう。現時点ではボーンマス、アストンビラ、ノリッチが降格圏でもがき苦しみ、ブライトンとワトフォードも安全圏とは言えない。また、アウェーのユナイテッド戦とトッテナム戦、ホームとはいえチェルシー戦を残すウェストハムも、最終節まで降格の恐怖に苛まれるだろう。

 成否のポイントのひとつが、無観客という異常事態をどのように乗り切るか、だ。

 地元サポーターの後押しがなければ地の利という表現は使えない。しかし、静かな会場で神経が研ぎ澄まされ、集中力が高まる者もいる。無観客で開催された大相撲春場所で、11勝4敗の好成績を収めた碧山はこう言った。

「雑音が一切ない環境は私に適している」

 観衆の大声援を力に変えるタイプ、マイナス変換してプレッシャーに感じるタイプ、人それぞれだ。すでに再開しているブンデスリーガでもスタジアムには「ボコッ、ボコッ」とキック音が響き、ボルシア・ドルトムントのマッツ・フンメルスは「非常にやりにくい」と嘆いていた。

 したがって最終盤のプレミアリーグは、例年にも増してメンタルの強さが求められるのではないだろうか。さらに、試合に登録できるメンバーが18名から20名に、交代枠も3人から5人に増えた。選手層の厚薄もシーズンの行方を大きく左右するに違いない。

日常を取り戻すべく、懸命に闘う。

 いよいよ、プレミアリーグの再開が迫ってきた。

 コロナ禍では従来のハイ・インテンシティを望むのは酷だが、ステイホームで後押しするサポーターのために、各クラブは最大限の努力を払ってくれるだろう。何気ない日常を取り戻すべく、彼らもまた懸命に闘う。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
トッテナム
ハリー・ケイン
ムサ・シッソコ
ソン・フンミン
レスター

海外サッカーの前後の記事

ページトップ