欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

悪童バロテッリがまたも契約解除?
暴言、無断欠席で会長が絶縁宣言。

posted2020/06/11 19:00

 
悪童バロテッリがまたも契約解除?暴言、無断欠席で会長が絶縁宣言。<Number Web> photograph by Getty Images

カルチョを背負って立つと嘱望されたバロテッリもこの8月で30歳。今もなお問題児ぶりは変わらないが……。

text by

神尾光臣

神尾光臣Mitsuomi Kamio

PROFILE

photograph by

Getty Images

“Still sick” (まだ病気)

 マリオ・バロテッリは6月4日、自身のインスタグラムのストーリーズに、そんな画像メッセージを掲げた。

 けだるそうな表情で横になるシーンをアップした彼は、この日所属するブレシアの練習を休んだ。とはいえ、この日だけではない。その前日も、またその前の日も。新型コロナウイルス感染症対策による練習禁止が解けてトレーニングが再開されても、バロテッリは応じようとしなかった。

 そして5日の夜、ついに地元一般紙『ラ・レプッブリカ』の電子版においてこんな記事が出てしまった。

「バロテッリはブレシアを離れる。契約を解除、数時間後にも公式発表か」

 別の媒体では、バロテッリの態度に業を煮やしたマッシモ・チェリーノ会長が契約破棄を叩きつけたという記事も出た。

 才能の高さを皆に認められながら、様々なトラブルの渦中にいてポテンシャルを発揮できず、間もなく30歳……。出身地のクラブで再起しようと臨んだ1年だったが、セリエAのシーズン再開を待つことなくプレーを終えることになってしまう。

インテル、マンCでの素行不良。

 一体彼に、何が起こっていたのか。

 2007年12月、当時のロベルト・マンチーニ監督により、インテルのプリマベーラからトップチームに抜擢。年齢の割に規格外のパワーとテクニックが両立したプレーぶりには誰もが期待を寄せて、出場機会も増えた。

 しかし、試合では各地で人種差別のブーイングにさらされる一方、激しやすく荒っぽい本人の言動も悪い意味で注目の的となった。2010年からはマンチーニ監督の誘いでマンチェスター・シティに移籍してプレミアリーグに挑戦するが、様々なトラブルを引き起こした。

 ゴシップが大好きなタブロイド紙の標的となり、翌年10月に自宅で花火を打ち上げて消防車を呼んだ話は、あまりにも有名だ。素行不良はピッチ内でも問題となり、2011-12シーズンは計11試合の出場停止を食らっている。

【次ページ】 故郷ブレシアで再起を図ることに。

1 2 3 4 NEXT
マリオ・バロテッリ
ブレシア

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ