プロ野球亭日乗BACK NUMBER

坂本勇人らだけではない。「6・19」
開幕への難関、“隠れ感染”対策は?

posted2020/06/05 11:50

 
坂本勇人らだけではない。「6・19」開幕への難関、“隠れ感染”対策は?<Number Web> photograph by KYODO

新型コロナウイルスに感染していたが、無症状のため気づいていなかった坂本。他にも同様のケースはあるはずだが、どう対策を施すか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

「微陽性」という言葉を初めて聞いた。

 6月4日のテレビではJリーグとNPBが共同設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の専門家チームの1人である愛知医大大学院・三鴨廣繁医学研究科臨床感染症学教授も「初めて聞きました」と語り、医学的には使わないない言葉であることは確かだ。

 この「微陽性」という聞き慣れない言葉が、飛び出したのが6月3日、坂本勇人内野手と大城卓三捕手がPCR検査で陽性が判明したことを発表した巨人の会見だった。

むしろ淡々と事を伝えたほうが……。

 要は検出されたウイルス量がごく微量で、陽性と判定されるギリギリの下限ラインだったことから「微量な感染」と説明したわけだ。

 いうならば「熱は出たけど微熱です」と軽度の状態を表現するものだろうが、かえって聴き慣れないこのワードセンスに「ことを大袈裟にしたくない」という意図が見え隠れしているようにも感じる。

 過剰に軽さを表現するのではなく、むしろ淡々と事を伝えたほうが、事実関係も球団の対応の正しさも正確に伝わるところを、わざわざ悪目立ちする言葉を使っていらぬ勘ぐりをさせてしまった。

 そこに突然の主力選手の陽性判定という事実への、球団の慌てぶりが透けて見えてもいた。

「症状も全くないのに陽性というのは大変驚きました」

 発熱や味覚障害等の感染症状が全くなかったという2人が、連名で出したこのコメントに当人たちの当惑が伝わってくる。

 そして球団の発表によると事実関係は以下の通りである。

【次ページ】 保健所よりも厳しい基準で。

1 2 3 4 NEXT
坂本勇人
大城卓三
原辰徳
読売ジャイアンツ
村上宗隆
アルバート・スアレス
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ