ツバメの観察日記BACK NUMBER

開幕までに覚えたい。実用度ゼロ、
だけど面白いヤクルト語ベスト10。

posted2020/06/08 07:00

 
開幕までに覚えたい。実用度ゼロ、だけど面白いヤクルト語ベスト10。<Number Web> photograph by Bunjiro Sano

「小さな大打者」若松勉氏のツイッターを表す「ワカマツイッター」(左)と高津監督の育成手腕に敬意を表した「高津クリニック」。

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph by

Bunjiro Sano

 待ちに待った2020年のペナントレースがいよいよ始まろうとしている。

 まだまだ予断を許さないものの、およそ3カ月もの間、すべてのプロ野球ファンはこの瞬間を「今か、今か」と待ちわびていたはずだ。

 当面は無観客試合となるけれど、それでも6月19日の開幕が実に待ち遠しい。

 プロ野球開幕が延期に次ぐ延期となったため、この長すぎる「野球ロス」を少しでも解消できるように、家族全員で楽しめる『プロ野球語辞典 令和の怪物現る!編』(誠文堂新光社)を発売した。

「タピオカくんと呼んでほしい」と自ら発言。

 古今東西のさまざまな「プロ野球語」を好き勝手に解説した「辞典」だが、実用度は皆無(笑)。だが、佐野文二郎氏の楽しいイラストもあって、ありがたいことに3年前の前作に続き第2弾を開幕前に発売できることとなった。

 今回の「ツバメの観察日記」は、ようやく訪れる開幕を祝して、この本の中から「ヤクルト語」を中心にピックアップし、その特別改訂版として厳選した10個をご紹介したい。ぜひ、これを読んで来るべき開幕に向けて、気分を盛り上げていただければ幸いである。

【タピオカくん】(たぴおかくん)

 2019年夏の甲子園で八戸学院光星高校の武岡龍世が活躍するたびに、ネット上では「実況ではタピオカくんに聞こえる」と話題に。この年のドラフトでヤクルトから6位指名された武岡は入団会見において、「タピオカくんと呼んでほしい」と自ら発言。一気に定着することになった。本家タピオカのように、一過性のブームで終わらぬよう応援したい。

【次ページ】「原樹『里』警察」による熱心なパトロール。

1 2 3 4 NEXT
武岡龍世
村上宗隆
原樹理
坂口智隆
近藤一樹
山中浩史
山田大樹
高梨裕稔
太田賢吾
大引啓次
嶋基宏
今野龍太
長谷川宙輝
高津臣吾
野村克也
真中満
若松勉
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ