バレーボールPRESSBACK NUMBER

荒木絵里香が語る「1年」の重み。
バレー選手、母としての2つの覚悟。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2020/06/03 20:00

荒木絵里香が語る「1年」の重み。バレー選手、母としての2つの覚悟。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

北京、ロンドン、リオに続いて4度目のオリンピック出場を目指す荒木はチームに欠かせない存在だ。

2つの「スイッチ」を入れて。

 1年、という決して短くない時間をただ「延びる」ではなく、「重ねる」と捉え、何ができるか。それを考え、実践するのが今であり、これからでもある。荒木はそう言う。

「今シーズンの合宿が始まって、いろいろ戦術を含めて変わったことも多かったんです。私が不器用でヘタクソなのもあるけれど、もうちょっと時間をかけてやりたい、と思っていたし、練習を重ねられることをプラスに捉えれば、チームとしても今チャレンジしていることを成熟させる期間にできると思うんです。

 今、こういう経験をして、私も含めてみんながオリンピックに対する思いが変わったし、当たり前じゃない、ということにも気づかされた。だからこれからは、1人1人の強くなった思いをギュッとして、どれだけチーム力を上げられるか。東京オリンピックでメダルを獲るという目標は変わらないから、来年の夏、その目標をみんなで達成して、喜びや感動を共有して、笑って終わりたいです」

 合宿が始まる時はいつも、2つのスイッチを入れる。日本代表選手として、国を背負う覚悟。そして、また離れなければならない娘との一時の別れを、乗り越える覚悟。

「『バレーボールと和香ちゃん、どっちが大事なの?』とか、旦那にも言われたことがないようなことを言ってくる(笑)。『和香ちゃんだよ!』って答えると、『じゃあ和香ちゃんと一緒にいてよ!』って。そういう思いも全部、ね。ホントに、頑張らないと」

 たとえ一度は遠ざかったゴールでも、諦めずに、最後まで。時折苦しくて後悔することがあっても、カッコ悪くても、それでも荒木絵里香は走り続ける。別れに泣きじゃくる娘以上に、こぼれそうな涙をこらえて。

 母親だから、最年長だから。いや、そうじゃない。ただ、バレーボールが好きだから。

 1年の重みを噛みしめながら、ただ前を見て、覚悟を抱く。

 そんな彼女に心から。がんばれ。

 来るべき時に備えて、今は、我慢と準備の時だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
荒木絵里香
眞鍋政義
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ