バレーボールPRESSBACK NUMBER

思い出した石川祐希が涙を流した日。
セリエAミラノ移籍に秘める覚悟。

posted2020/06/12 11:40

 
思い出した石川祐希が涙を流した日。セリエAミラノ移籍に秘める覚悟。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto/AFLO

イタリア・セリエAのミラノ移籍を発表した石川祐希(中央)。不安や心配はあると語るが、世界トップレベルのリーグでその技を磨く。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kiyoshi Sakamoto/AFLO

 6月11日、バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希がリモート記者会見を行い、来シーズン、イタリア・セリエAのミラノに移籍することを発表した。

 大学生だった2016/17シーズンから5季連続のイタリアでのシーズンとなる。しかし今年の決断は、例年よりも難しく、重いものだった。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が、スポーツにも大きな影を落としている。イタリアは、感染者数、死者数が特に多い国の1つだ。昨シーズン、石川はイタリア北部の街パドヴァでプレーしていたが、2月後半からそのイタリア北部を中心に爆発的に感染が拡大し、リーグは中断。移動制限や外出禁止の措置がとられた。

「感染のリスクがあったので、不安や心配はありました」と石川。

 それでも、リーグ再開や初のプレーオフ進出の可能性が残されていたため、パドヴァにとどまった。しかし再開はかなわず、4月下旬に帰国した。

自分の夢をかなえたい。

 何事もなければ今シーズンも迷いなくイタリアでのプレーを選んでいたが、コロナ禍の中、迷いはあったと明かす。

「イタリアは感染の被害も大きいので、大丈夫なのかな?という心配はもちろんありました。『日本でやったほうが身のためなのかな』と、実際悩みました。やはり体が資本なので、向こうに行って、できなくなったら、本末転倒になってしまうので。日本でやったほうがいいのか、やるべきなのか……。

 正直、今でも、不安や心配は感じています。でもそれ以上に、僕自身の目標を達成したいという思いが強いので、自分の夢をかなえたいという思いで、今回こういう決断をしました」

 石川は、「世界のトッププレーヤーになる」という目標の実現に向けて、走り続けることを選んだ。

【次ページ】 石川を惹きつけるセリエA。

1 2 3 4 NEXT
石川祐希
ミラノ

バレーボールの前後のコラム

ページトップ