セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

モウリーニョの毒とリアリズムと、
ロマンチックなインテル3冠の結末。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/05/22 15:00

モウリーニョの毒とリアリズムと、ロマンチックなインテル3冠の結末。<Number Web> photograph by Getty Images

ビッグイアーを掲げるサネッティ。モウリーニョ率いるインテルにとって史上最高の時が訪れた瞬間だった。

サネッティが回想する表彰式。

 あれから10年が経ち、スーツ姿がすっかり馴染んだサネッティ副会長は、表彰式のことを回想する。

「優勝カップを掲げた瞬間、サネッティという男の人生が見えたんだ。アルゼンチンでの子供時代からあの決勝戦まで、私のサッカー人生が走馬灯のように脳裏に駆け巡った。最高の夜だった」

 “トリプレーテ”の後、インテルの会長は2度変わった。

 ベンチに座った監督の数は十指では足りない。

 今シーズン、モウリーニョの再来と期待されて招かれた現監督アントニオ・コンテは、あの3冠チームにどこまで近づけるだろうか。

栄冠から2日後の夕食会で……。

 モラッティは今でも笑顔で思い出す。

 マドリードでの栄冠から2日後、モウリーニョを自宅での夕食に招いた。

 富豪の晩餐には豪華な燭台やフラワーアレンジメントが付き物だ。その夜、モラッティがおごそかな食卓の中央に飾ったのは……白銀のCL優勝カップだった。

 自宅で“ビッグイヤー”を愛でながらの晩メシだなんて、これぞサッカーロマンの極みだろう!

 2人のロマンチストは世界中のサッカーファンの夢を叶えた。その夜、彼らの食卓からはいつまでも笑い声が絶えなかったという。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
インテル
ジョゼ・モウリーニョ
ハビエル・サネッティ
ディエゴ・ミリート
エステバン・カンビアッソ
マッシモ・モラッティ
サミュエル・エトー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ