炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープ3連覇は黒田博樹の帰還から。
緊張感を与えてくれる、最高の見本。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/05/13 19:00

カープ3連覇は黒田博樹の帰還から。緊張感を与えてくれる、最高の見本。<Number Web> photograph by Kyodo News

黒田が復帰して2年目の2016年、25年ぶりのリーグ優勝を果たした。

カープに今も残る黒田イズム。

 その姿勢はチームメートに影響を与えた。

「黒田さんがあれだけやっているのだから、僕たちもやらないわけにはいかない」

 後輩たちにとっては緊張感を与えてくれる、最高の見本だった。

 広島が2016年から2018年まで3連覇という輝かしい戦績を残した中、黒田が優勝チームにいたのは2016年の1年だけだ。それでも今も黒田イズムは残る。

 登板直前にベンチ入りした選手や首脳陣、裏方とのグータッチはクリス・ジョンソンや野村祐輔が受け継いでいる。自分の理想ばかりを追うのではなく「その日のベストを尽くす」姿勢は投手陣に浸透した。シーズンオフになれば、今も広島の選手と食事をする。

 広島と黒田の物語は、復帰から引退までの第2章に幕を下ろしても、今もまだ第3章として続いているのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
広島東洋カープ
黒田博樹
デレク・ジーター

プロ野球の前後の記事

ページトップ