プレミアリーグの時間BACK NUMBER

革命前チェルシーの光だったゾラ。
“魔法使い”が残した素敵な宝物。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/04/14 11:50

革命前チェルシーの光だったゾラ。“魔法使い”が残した素敵な宝物。<Number Web> photograph by Getty Images

アズーリでR・バッジョの陰に隠れる形となったゾラだが、チェルシーでは誰よりも愛されるアイドルだった。

アブラモビッチは引き留めたが。

 試合が終わると、ホームでの最終戦恒例のチーム場内1周を待つスタジアムでは、スクリーンにシーズンのハイライトが映し出された。スピーカーからは、70年代にボンド映画の主題歌としてヒットした『ノーバディ・ダズ・イット・ベター』。

「誰もあなたのようにはできない」と始まるバラードをBGMに、ゾラのハイライト集も同然の映像を眺めていると、CL復帰が決まった直後でありながら感傷的な気持ちになった。

 カリアリへの移籍が伝えられたのは、2カ月後の7月2日。実は前月にチェルシーのオーナーとなったアブラモビッチは引き留めに動いていた。それどころかカリアリ買収まで考えたと言われている。

 それでも、肝心の選手自身は「その気持ちだけで十分」という返答だった。

 巨万の富を得たチェルシーに翻意を請われても、当時イタリア2部にいた故郷サルデーニャの地元クラブとの約束を守った去り際も、ゾラらしい。

 その半年ほど前、ファン投票でチェルシー史上の「グレイテスト」に選ばれていた英雄は、念願のプレミア優勝メダルを手にすることなくクラブを去った。

 だが、ファンの胸には幾つものかけがえのない思い出を残してくれた。個人的には、後日サインを入れてもらったツーショットという宝物もある。

 私にとって、当時も今も「ゾラ以上」はいない。

<創刊1000号記念特集>ナンバー1の条件

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ジャンフランコ・ゾラ
チェルシー
クラウディオ・ラニエリ
フランク・ランパード

海外サッカーの前後の記事

ページトップ