サムライブルーの原材料BACK NUMBER

サッカー人生で一番の試練を越えて。
細貝萌、タイで感じる充実と喜び。

posted2020/04/14 20:00

 
サッカー人生で一番の試練を越えて。細貝萌、タイで感じる充実と喜び。<Number Web> photograph by True Bangkok United

昨季、タイのブリーラム・ユナイテッドに移籍した細貝。今季はバンコク・ユナイテッドに期限付き移籍をしている。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

True Bangkok United

 世界中が、見えない敵と向き合っている。

 猛威を振るう新型コロナウイルス。東南アジアのタイも3月26日に非常事態宣言が出され、特定時間における外出などが禁じられている。タイ・リーグ1も3月1日の試合を最後に中断となった。

 タイに渡って2年目。細貝萌は今シーズン、ブリーラム・ユナイテッドからバンコク・ユナイテッドに期限付き移籍し、家族とともに首都バンコクに移り住んでいる。

 彼のブログには日常がマメにアップされている。SNSでファンから受け付けた質問に応えるなど、自宅で過ごす時間が増えたことによってファンサービスにも工夫を凝らしている。

スペインの香川や岡崎と話したこと。

「お久しぶりですね。日本も大変だと思いますけど、大丈夫ですか?」

 どんなときでも相手を気遣うのは彼らしい。4月上旬に行なったリモートでのインタビューでまず聞いておきたかったのは、細貝が置かれている現状である。

「外に出るのはチームのトレーニングとスーパーマーケットに行くときだけですね。新型コロナウイルスに対する不安はあります。妻、3歳の娘も一緒にいますから。今、自分がやれるのは感染しないように心掛けること、そして(リーグ再開を見据えて)しっかりと準備していくこと。

 この前、スペインにいる香川(真司)、岡崎(慎司)と話をしたんです。状況の見通しが立たないなかでも彼らは自宅で精いっぱいトレーニングをやっています。直接話を聞くことで僕も感じるところがありました。

 サッカーをやっている場所は違っても、彼らだけじゃなく、(本田)圭佑、(長友)佑都をはじめ仲間はみんなつながっている。“俺も負けないようにしなきゃ”って思いました」

 いかなるときも前を向こうとするのも実に彼らしいと思えた。

【次ページ】 良いスタートを切った2020年シーズン。

1 2 3 4 NEXT
細貝萌
バンコク・ユナイテッド
ブリーラム・ユナイテッド
柏レイソル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ