欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア史上最強チームはどこだ。
マンC、リバプール、それとも……。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/04/08 11:30

プレミア史上最強チームはどこだ。マンC、リバプール、それとも……。<Number Web> photograph by Getty Images

難攻不落の守備組織を構築した当時のチェルシー。ギラついたモウリーニョ監督も懐かしい。

システマティックな守備の機能美。

 しかし、ユナイテッドやアーセナルが万全の体制を整えていたとしても、彼らは優勝できただろうか。いや、勝ち点差は縮められたかもしれないが、プレミアリーグのテッペンに立てたとは思えない。なぜなら、守備意識の違いが明らかだったからだ。

 モウリーニョに率いられた2004-05シーズンのチェルシーは意思統一が図られ、相手ボールになった際は瞬く間に守備ブロックを形成していた。

 この、システマティックな動きは機能美すら感じられた。12節で首位に立つと、その座を一度も譲ることなくシーズンを駆け抜けていった。

 彼らは、勝つべくして勝ったのである。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
マンチェスター・シティ
リバプール
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナル
チェルシー
ジョゼ・モウリーニョ
ウェイン・ルーニー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ