欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

監督交代は堂安律を激変させる!?
悩める五輪世代エースの今を探る。

posted2020/03/30 12:00

 
監督交代は堂安律を激変させる!?悩める五輪世代エースの今を探る。<Number Web> photograph by Getty Images

板倉滉が所属するフローニンゲンとの対戦で、徹底マークされる堂安律。

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph by

Getty Images

 主戦場を変える時が近づいているのかもしれない。

 新型コロナウイルスの影響で、オランダサッカー1部のエールディビジが中断期間に入る前の最後の試合となったFCフローニンゲン戦。3月9日に行われた“古巣”との一戦は、堂安律にとって、後半戦に入って初めて先発した試合となった。

 慣れ親しんだ土地に帰ってきた日本代表MFは、フル出場した後で、どこか歯がゆさのようなものを垣間見せた。

「昨日、先発を急に言われて。準備はしていたつもりでしたけど、いつもと違うポジションではありましたし、少しこう……いつもどおりのプレーができたかというと、そうではなかったところもあります。ただ、今必要なことはやったと思いますし、もちろんゴールとかね、結果を出せれば良かったですけど、しっかりチームが勝てたことで、まあ、しっかり次に繋ぐことができればなあと思います」

「いつもと違うポジション」。このフローニンゲン戦で、堂安は、定位置の右サイドではなく、左サイドで出場したのである。

「試行錯誤しながらプレーしました」

 基本的に利き足の左足がタッチライン際にある状態でのプレーは、「窮屈」だったという。

 例えば49分の場面。ペナルティエリアの左の角あたりでボールを貰った堂安は、そこからどのように仕掛けるのか、少し迷いがあるようだった。

 これが右の角であれば、左足に持ち替えて、カットインからのシュートを打つことができる。しかし、反対のサイドでは、その得意とする「シュート・パターン」に持ち込むことはできない。少しフェイントを入れた堂安は、結局、左足でシュートを打った。放たれたボールは、ゴールの右に外れた。

「窮屈でしたし、どういうシュート・パターンがあるのか自分も分からないまま、こう……試合に出ていました。縦行ってシュート、っていうのもあんまりこう……『どうやって点を取るんやろ』って思いながら、試行錯誤しながらプレーしました」

【次ページ】 マークされていた堂安のシュートパターン。

1 2 3 4 NEXT
堂安律
板倉滉
PSV
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ