令和の野球探訪BACK NUMBER

ドラフト上位候補がプロに腕試し!
剛腕に韋駄天、注目の大学生5人。 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph byYu Takagi

posted2020/03/27 11:40

ドラフト上位候補がプロに腕試し!剛腕に韋駄天、注目の大学生5人。<Number Web> photograph by Yu Takagi

主将として早稲田大を牽引する早川隆久。22日巨人二軍戦では盗塁を試みるなど、積極的な姿勢を見せていた。

注目の日体大、今季の推しは森。

 辻孟彦コーチ(元中日投手)のもと、松本航(西武)、東妻勇輔(ロッテ)、吉田大喜(ヤクルト)と立て続けに好右腕をNPBに送り出している日体大で今季の注目右腕は森博人だ。

 愛知・豊川高時代は甲子園未出場ながら、大学1年時から150キロを超える速球で注目を浴び、昨秋には155キロを計測するなど成長を遂げてきた。

 しかし、17日の巨人三軍戦では4回から2イニングを投げて3安打4四球、押し出しで1失点するなど、やや制球に苦しんだ。NPB球が滑る感触はあったとしつつも「それは技術不足」と潔く話した。

 11日の楽天二軍戦(関係者以外非公開)でも同じような投球内容(押し出し2つを含む4回3失点)だったというが、「投げ急がぬように、ゆったりめのフォームにして、球の強さは今日の方があったと思います」と調子は上向きで「プロが相手でもストレートは押せているという手応えがありました」と前を向いた。

 また、制球についても「小さくなってしまったら自分の魅力はなくなってしまうので、自分のできることをしっかりやっていきたい」と、ブレない視線と話ぶりが印象的だった。

大型右腕・宇田川の柔軟性。

 地方リーグでは仙台大の宇田川優希の評価が高い。

 高校時代は強豪とは言えない埼玉県立八潮南高校で知る人ぞ知る存在。だが、大学4年間で球速を142キロから152キロにまで伸ばした184センチ92キロの大型右腕だ。

 オープン戦初戦となった11日のロッテ二軍戦では4回で5三振を奪ったものの、力が入りすぎて腕が振れず3安打3四球で4失点を喫した。それでも、以降の関東の強豪大学とのオープン戦では復調。

 NPB7球団のスカウトが集まった21日の慶應義塾大戦では、力強いストレートだけでなく落差の大きいフォークやブレーキのカーブで5回を投げて7三振を奪った。味方の失策後に若林将平に2ラン本塁打こそ浴びたものの、失点も安打もこの一打のみ。スカウト陣も「素材はもともと上位候補なので、これから楽しみ」と期待を寄せた。

 この3年間、指導してきた坪井俊樹コーチ(元ロッテ投手)も「踏み出す足が着くまでに、あれだけ上半身が残る投手はそうそういません。羨ましい柔軟性です」と評し、森本吉謙監督は「副将もして仲間内ではリーダーシップもある」と精神面の成長も頼もしく感じているようだった。

【次ページ】 サニブラウンにも勝った五十幡の足。

BACK 1 2 3 NEXT
早川隆久
早稲田大学
森博人
日本体育大学
宇田川優希
仙台大学
五十幡亮汰
牧秀悟
中央大学

大学野球の前後のコラム

ページトップ