酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

プロ野球最強打者を番付にすると。
イチロー&松井は日米通算ならば。

posted2020/03/24 11:40

 
プロ野球最強打者を番付にすると。イチロー&松井は日米通算ならば。<Number Web> photograph by Koji Asakura

オリックスでも圧巻の成績だったイチロー。ただし今回はNPBの通算塁打数に限定したので番付には入っていない。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Koji Asakura

 前日に配信されたNPB投手最強番付を作ったからには、打者編も作らざるを得ないだろう。こちらもなかなか楽しい作業ではあった。

 打者の指標もいろいろある。名球会の入会資格は打者の場合、日米通算(NPBが起点)で通算2000本安打になるが、この基準に満たない強打者もたくさんいる。

 そこで考えたのち、指標を「塁打数」にすることにした。

 塁打=単打+二塁打×2+三塁打×3+本塁打×4だ。長打が多い打者が上に来る、スラッガーには有利な指標だ。これを踏まえて番付を作った。

 投手と同様、右、左で分けた。両打は左打者の方に振り分けた。2020年のNPB現役選手929人の内、左打者は394人、両打は15人だ。左、両打併せて44%、左はやや少ないが、番付にできないことはない。以下、このような番付になった。

(※編集註:NumberWebのホームページ以外でご覧の読者は、https://number.bunshun.jp/articles/photo/842952 をご参照ください)

横綱はやはり王さんとノムさん。

 両横綱は不動と言っていいだろう。

 通算本塁打1位/868本の王貞治と同2位/657本の野村克也。昭和の時代を代表する圧倒的なスラッガーだ。王は本塁打王15回、野村は9回。ともに両リーグ1位である。2020年に入って一方の横綱が世を去ったのだと思うと、喪失感は大きい。

 左の大関は、通算最多3085安打の張本勲である。首位打者はイチローと並ぶ最多タイの7回。右は鉄人・衣笠祥雄。2215試合連続出場は、一時期まで世界一だった。

 関脇は、左が40歳で二冠王になった昭和末期の大打者・門田博光、右がプロ野球史上最大のスター選手・長嶋茂雄である。長嶋は首位打者6回、本塁打王2回、打点王5回の成績を残している。「記録より記憶に残る男」と言われたが、実力でも屈指だった。

【次ページ】 金本、落合、阿部、そして福本も!

1 2 3 4 NEXT
王貞治
野村克也
金本知憲
衣笠祥雄
山本浩二
イチロー
福本豊
長嶋茂雄
松井稼頭央
松井秀喜
阿部慎之助
タフィ・ローズ
アレックス・ラミレス
落合博満

プロ野球の前後のコラム

ページトップ