スポーツ百珍BACK NUMBER

久保建英のリーガ奮闘ぶりを検証。
ヒデ、香川の欧州1年目と比べると……。

posted2020/03/15 11:50

 
久保建英のリーガ奮闘ぶりを検証。ヒデ、香川の欧州1年目と比べると……。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori/AFLO

エイバル戦でリーグ3ゴール目を決めた久保建英。リーガ1年目ですでに24試合に出場、6得点に絡んでいる。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Mutsu Kawamori/AFLO

 逆足で、あそこまで冷静に蹴り込めるのか――。

 7日に行われたラ・リーガ第27節マジョルカvs.エイバルでの久保建英のゴールである。

 右からのパスを受けて、左足で一瞬持ち込むと見せかけて切り返し、右足シュート。グラウンダーのボールは反応が遅れたマーカーの足先、そして必死に手を伸ばした相手GKをあざ笑うようにゴールラインを越えた。

 久保の活躍で2-1とマジョルカが制したこの試合、30分遅れでキックオフされたリバプールvs.ボーンマス戦と並行して観ていた。リバプールのエースであるモハメド・サラーが相手マーカーが足を出すと読み切り、その股の間を通して相手GKの反応を遅らせた技ありの一撃の直後に、まるでプレイバックを見ているかのようだった。

 その技術と駆け引きの巧みさに驚いたのだろう。バルセロナの一般紙「ラ・バングアルディア」で、久保はこんな風に絶賛されていた。

「まるでマンガのような動きで主人公みたい。『オリベル&ベンジー(キャプテン翼のスペインでの名前)』の登場人物のように左足にボールをくっつけて、ピッチを自在に動き回った」

 記事ではきっちり「バルサの下部組織にいた」ことなどにも触れている。

 バルサよ、ほら言わんこっちゃない。レアル・マドリーに取られたの痛かっただろ?……というニュアンスが行間からにじみ出るのはご愛嬌だが、ここまで大きく報じられるとやはり嬉しくなってしまう。

現時点で「6得点」に絡む久保。

 エイバル戦のゴールで久保の今季リーグ戦成績(移籍情報専門サイト『transfermarkt』による)は以下の通りとなった。

 24試合3得点3アシスト。

 まだ18歳の選手がリーガ1部でレギュラーを奪うこと自体すごいことだが、結果もしっかりと残している。やはり今後の日本サッカーにとっての希望であることは間違いない。

 さて現時点で「6得点」に絡んでいる久保だが、過去の先輩たちは1年目にどのような成績を残したのか。

 以下、歴代欧州組アタッカーの「1部での1年目」の数字を見てみよう。『transfermarkt』のデータからゴールとアシスト数を調べてみた(アシストは判明分のみ)。まずは久保の所属するラ・リーガから。※は1月加入での成績だ。

【次ページ】 城、西澤、大久保、家長……。

1 2 3 4 NEXT
久保建英
マジョルカ
中田英寿
香川真司
中村俊輔
大久保嘉人
堂安律
中島翔哉
南野拓実

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ