Jをめぐる冒険BACK NUMBER

鈴木優磨、ベルギーで7得点と今後。
「そこはもう、死ぬほど集中して」

posted2020/03/16 11:40

 
鈴木優磨、ベルギーで7得点と今後。「そこはもう、死ぬほど集中して」<Number Web> photograph by Atsushi Iio

鈴木優磨と言えばここ一番で結果を残せるタイプだ。それはゴールという明確な数字を問われる欧州向きと言える。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Atsushi Iio

鈴木優磨がベルギーの地で結果を残している。昨夏にベルギーのシント・トロイデンに加入。初のスタメンで初ゴールを奪ったのを皮切りに、ここまで7得点を挙げている。ただ、このタイミングで鈴木にインタビューすると、本人に満足の様子はなかった。ベルギーでの日々で感じること、そして古巣・鹿島アントラーズへの想いとは――。

――ここまでリーグ戦23試合に出場して7得点。この成績については、どう感じていますか?

「悪くはないですけど、微妙な数字ですね。もうちょっと取っておきたかったし、実際、取れたなっていう想いもありますね」

――とはいえ、初スタメンとなった9月21日のシャルルロワ戦ではゴールを決め、勝負強さを示しました。

「勝負どころに関しては、自分でも取れると思ってますし、これまでも節目、節目で取って来たからこそ今に至ると思うので、自信はありますね」

――あのゴールで、チームにおける立ち位置に変化はありました?

「日本人ということで、どうしてもナメられるというか、最初はパスが出て来ないことがあったんですけど、点を取って信頼関係が生まれたというか。周りも認めてくれて、パスが出てくることは増えましたね。ただ、それでもチャンスの数がびっくりするほど少ない(苦笑)。ほとんど相手に(ボールを)握られる展開なので、1本にすごく集中していますね」

オランダより、レベル高いのでは。

――ワンチャンスをいかに仕留めるか。

「そこはもう、死ぬほど集中してます。この前のヘント戦(2月23日)のゴールも、(得点のチャンスは)あの1本しかなかった(※0-4で迎えた68分、味方のシュートをGKが弾いたところを詰めた)。こっちに来てから、より徹底していますね。どのシュートシーンを振り返っても、自分が一番先に詰めている自信はあります」

――初ゴールを奪った試合後、「日本とはまったく違って、すごくタフで難しいリーグだ」と話していたのが印象に残っています。

「ベルギーリーグは、日本でちょっと軽視されていると思いますね。こっちに来て感じるのは、オランダよりもレベルが高いんじゃないかっていうこと」

【次ページ】 個の能力はベルギーの方が……。

1 2 3 4 5 NEXT
鈴木優磨
シント・トロイデン
鹿島アントラーズ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ