球体とリズムBACK NUMBER

無双リバプールに不具合発生?
南野拓実は“停滞”を払拭できるか。 

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/03/04 20:30

無双リバプールに不具合発生?南野拓実は“停滞”を払拭できるか。<Number Web> photograph by Getty Images

リバプール移籍後、初のフル出場となったFA杯チェルシー戦。前線でチャンスに絡むも、目に見える結果を残せなかった。

初のフル出場への評価は?

 冬に加入後、初めてフル出場した南野については、数少ない光明と見ているようだ。

「拓実はとても良い出来だった」と52歳のドイツ人指揮官は話した。

「周囲の味方はもっと彼をうまく使うべきだった。もしネコ(・ウィリアムズ)が、ボックス際で何度か完全にフリーになっていた彼(南野)を認識していれば、もっと良い状況になっていはずだ」

 こんな風に監督はあくまで25歳の日本代表アタッカーを擁護するが、現地メディアの評価は分かれる。例えば『イブニング・スタンダード』紙はチーム最低タイとなる4点をつけ、「深い位置で躍動し、これまでで最高のロベルト・フィルミーノらしい印象を与えたが、後半は完全に消えていった。この日本代表のレッズでのキャリアはスローな出だしだ」と綴っている。

 足踏みしてもなお、プレミアリーグでは後続に22ポイント差をつけて首位を独走しており、30年ぶりのリーグ優勝に支障はきたさないだろう。しかし、国内の2つのカップ戦から姿を消し、チャンピオンズリーグでもタフな相手にやや劣勢に立たされている。

 リバプールの思わぬ停滞の払拭に、南野が寄与してくれると良いのだが、果たして──。

関連記事

BACK 1 2 3
南野拓実
リバプール
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ