欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

リバプール優勝ほぼ確定の今こそ、
来季の補強ポイント2つを挙げる。

posted2020/03/04 11:50

 
リバプール優勝ほぼ確定の今こそ、来季の補強ポイント2つを挙げる。<Number Web> photograph by Getty Images

トレーニング場に集う豪華な面々。そんなクロップ率いるリバプールの夏の補強計画や、いかに?

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今シーズンのプレミアリーグは、リバプールの優勝がほぼほぼ決まっている。

 無敗記録こそワトフォード戦で途絶えた。しかし今後は勝ち点、総得点、最少失点、クリーンシートなどの記録更新とともに、マージーサイドの名門はいつ、どこで30年ぶりに戴冠するのかが興味の対象になっていく。

 彼らの成功の要因は『フェンウェイ・スポーツグループ』(FSG)による買収と、ユルゲン・クロップ監督の招聘だ。

財力と愛のあるオーナーとクロップ。

『FSG』以前はジョージ・ジレット、トム・ヒックスの共同体制。ふたりのオーナーはリバプールに愛情を示さず、投資の対象としか考えていなかった。「強くしたい」ではなく「1ポンドでも多く儲けたい」。しかも有言不実行。債務超過も続き、シャビ・アロンソ、ルイス・ガルシアといった主力を放出して補填せざるをえなかった。当然、サポーターとの間に距離ができる。

 一方、『FSG』はボストン・レッドソックス、ラウシュ・フェンウェイレーシングなども所有しているため、スポーツビジネスのなんたるかを理解していた。

 3億ポンド(約450億円)を投下し、債務を肩代わりする財力もあった。そしてオーナーのジョン・W・ヘンリーは、夫人とともに各選手のチャントを積極的にマスターし、サポーターとの距離を一気に縮めている。

 さて、クロップ監督は選手の知名度よりも個性を重視し、自らが掲げるゲーゲンプレスに適したタレントのみを獲得してきた。

 アリソン、ビルヒル・ファンダイク、アンドリュー・ロバートソン、ファビーニョ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、モハメド・サラー、サディオ・マネと、リバプール着任後の補強は成功例の連続だ。おそらく南野拓実も、「当たり」と称される日が遠くない未来に訪れるだろう。

【次ページ】 シティが罰を受けたらリバプール1強?

1 2 3 NEXT
アリソン
ビルヒル・ファンダイク
アンドリュー・ロバートソン
ファビーニョ
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
ロベルト・フィルミーノ
モハメド・サラー
サディオ・マネ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ