オリンピックPRESSBACK NUMBER

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。
日本記録を生んだのはブレない心。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/03/02 11:50

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。日本記録を生んだのはブレない心。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

大迫傑の記録を破ったのは、やはり大迫傑自身だった。彼には独走がよく似合う。

独走の背中を押した1人で走る技術。

 井上はスタートからほぼ休むことなく、いうなればフルスロットルで走り続けている状態だ。そのペースで駆け抜けるだけの自信があったのだろうが、しかし、マラソンはそれほど甘くはなかった。大迫に勝ち設定タイムを破るという二兎を追おうとして積極的に攻めた結果、ガス欠を招いた。終盤に井上らがキロ3分を越えるタイムに落ちる一方、中休みした大迫は体力を回復させ、ギアを上げた。

 30キロ地点で井上とは12秒差あったが、32キロ手前でついに並ぶ。すると、大迫はチラっと井上の表情を確認して一気に前に出た。勝負に出たのだ。

「追いついて、いつもならうしろに控えて休むんですけど、ケニアでの練習などから一人で走る、1人で耐えるのを学んでいた。しかもちょっと前のペースが遅かったのと集団がキツそうだったんで、これはイケるかなと思いました」

 大迫の読みは当たり、スタートから出し切った井上はついていけず、ここからどんどん差が開いていった。井上は「あそこであれだけの脚が残っているとは……」と大迫の強さに舌を巻いたが、大迫はしっかりとレースをコントロールし、脚を残していた。マラソン終盤を走れる脚の余裕があったのだ。

記録を意識したのは、直線に入ってから。

 勝負はここで決まり、あとはタイムだった。

 大迫がみずからの日本記録を破れるかどうか。途中、右わき腹の差し込みに襲われたが、押し込んで息を吐くことで痛みを軽減させた。これまでレース中に何度も起きており、対処方法は理解していた。

「35キロ過ぎでイケるかなと思ったんですがタイムは意識せずに走りました。(ゴールへの)直線に入った瞬間、記録を破れるかなと思った。最高の直線でした」

 後続を寄せつけず、日本人2位の高久龍(ヤクルト)に1分16秒差をつけていた。多くの声援が飛ぶ中、大迫はゴールテープを切った。総合4位、自己ベストで日本記録更新という快挙。東京五輪マラソン男子代表の最終決定はびわ湖毎日マラソン後になるが、このタイムで代表の椅子をほぼ手中に収めた。

【次ページ】 ドバイでペースの予行は済んでいた?

BACK 1 2 3 4 NEXT
大迫傑
井上大仁
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ