オリンピックPRESSBACK NUMBER

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。
日本記録を生んだのはブレない心。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/03/02 11:50

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。日本記録を生んだのはブレない心。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

大迫傑の記録を破ったのは、やはり大迫傑自身だった。彼には独走がよく似合う。

ドバイでペースの予行は済んでいた?

 日本新記録樹立は見事だが、大迫にとっては未知なものではなく、予想の範囲内のタイムだったと言えるのではないだろうか。実は、1月に練習の一環としてドバイマラソンに出場しており、その時のハーフのタイムが1時間2分43秒、25キロ地点は1時間14分18秒という記録を残して棄権した。

 そのままフルマラソンを走った際の推定記録は2時間5分24秒。今回の日本記録は、2時間5分29秒で、今回のタイムとわずかに5秒差である。ドバイでペースをシミュレートし、だいたい今ぐらいのタイムが見えていたのではないだろうか。

 そしてこの記録達成が実現したのは、スタートからはもちろん、井上を抜いた後も冷静にレースを展開していたことに尽きる。大迫は以前から「レースはリラックスして走るのが大事。ここからさぁいくぞって気持ちが上がったりすると、肩が上がったりとか、力みが出てしまうので常に冷静に走ることを心がけています」と語っている。

後半に伸びる、大迫の真骨頂。

 勝負の分かれ目になったのは32キロ地点だが、大迫は脚の余裕度から30キロから35キロの5キロを14分56秒とペースを上げた。

 この区間のラップは優勝したレゲセ(15分07秒)よりも速く、大迫が唯一の14分台で出走選手中トップだった。疲労が大きくなる後半にペースを上げる。それは大迫がシカゴマラソンで設楽悠汰の日本記録を更新した時のレース展開でもある。

「ひとつひとつのマラソンごとに成長を感じられるんです」

 大迫がそう言った通り、今回の日本新記録にはこれまでのいろんな経験がちりばめられているのだ。

【次ページ】 ライバルを意識するより、自分の走り。

BACK 1 2 3 4 NEXT
大迫傑
井上大仁
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ