サムライブルーの原材料BACK NUMBER

試合に出ずとも、腐らず雰囲気作り。
F・マリノス主将、扇原貴宏の流儀。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2020/02/29 20:30

試合に出ずとも、腐らず雰囲気作り。F・マリノス主将、扇原貴宏の流儀。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

今季のJリーグ開幕戦でキャプテンマークを巻いてプレーした扇原。マルコス・ジュニオール、同じポジションの喜田とともにチームを引っ張る。

「いい雰囲気」を作り出す。

 強いF・マリノスの「いい雰囲気」を、練習でも試合でもつくり出している。それをさりげないキャプテンがさりげなく守っている。優勝した大きな要因だと感じることができた。

 開幕した2020年シーズンは黒星スタートとなってしまった。

 相手チームからマークされ、ACLの戦いもあって難しい「航海」となることは言うまでもない。

 喜田、もう1人のキャプテンであるマルコス・ジュニオールと三位一体で引っ張るとともに、試合途中から扇原がキャプテンマークを巻いて陣頭指揮を執る機会もきっと増えていくに違いない。

 さりげないキャプテンから、もう一歩前に出ていくキャプテンへ――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
喜田拓也
横浜F・マリノス
扇原貴宏
マルコス・ジュニオール

Jリーグの前後の記事

ページトップ