サムライブルーの原材料BACK NUMBER

試合に出ずとも、腐らず雰囲気作り。
F・マリノス主将、扇原貴宏の流儀。

posted2020/02/29 20:30

 
試合に出ずとも、腐らず雰囲気作り。F・マリノス主将、扇原貴宏の流儀。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

今季のJリーグ開幕戦でキャプテンマークを巻いてプレーした扇原。マルコス・ジュニオール、同じポジションの喜田とともにチームを引っ張る。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Yohei Osada/AFLO SPORT

 キャプテンが託せるキャプテン。

 王者の横浜F・マリノスがガンバ大阪をホームに迎えた開幕戦。0-2とリードされている後半途中に喜田拓也が交代を告げられた。

 確かにこの日の彼は記者席から眺めていても、ACLとの連戦が響いているのか動きが重く感じた1人であった。

 喜田は赤のキャプテンマークを腕から外し、扇原貴宏に託してから小走りでピッチを出た。

自分よりもチームのことを先に考える。

 王者の反撃が始まろうとしていた。

 システムを変えてアンカーに入った扇原のプレーに、自然と目が向くようになる。

 マルコス・ジュニオールにクサビのパスを届け、反転からの鮮やかなゴールを呼び込んで1点差に迫った。さらには左サイドを駆け上がる高野遼にパスを送り、チャンスを演出する。

 結局同点には至らなかったものの、終盤の猛攻は「マリノス強し」を観ている者に印象づけたに違いなかった。

 先のACLシドニーFC戦でも喜田がピッチを離れてからキャプテンマークを巻き、前に出て攻撃に絡んでいく姿があった。4-0と大量リードしてもなお最後の最後まで攻撃の手を緩めない。チームのポリシーを頑なに押し通すその旗振り役となっていた。

 扇原のキャプテンシー。

 3人制キャプテンの1人として喜田とともに2年連続でアンジェ・ポステコグルー監督から指名を受けている。ソフトな人柄で知られ、仲間をグイグイと引っ張っていくようなタイプには見えない(失礼ながら)。

 しかし、彼はいつも自分よりもチームのことを先に考え、かつチームのために働こうとする。

【次ページ】 サブの立場から自分のポジションを確立した。

1 2 3 4 NEXT
喜田拓也
横浜F・マリノス
扇原貴宏
マルコス・ジュニオール

Jリーグの前後のコラム

ページトップ