プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人・原辰徳監督インタビュー(上)
「“2番・坂本”を今年は投手でやる」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/02/27 20:00

巨人・原辰徳監督インタビュー(上)「“2番・坂本”を今年は投手でやる」<Number Web> photograph by KYODO

3年契約の2年目を迎えた原監督。固定観念を破り「他の人がやってないことをやる」と語る。

メジャーと日本のいい部分を融合。

――メジャーの投球スタイルに近づいている。

「そうですね」

――練習でも投手の調整で単にシート打撃に投げさせるのではなく、アウトカウントなども実戦的なライブBP(打撃練習)形式での登板などメジャーの調整方法を取り入れたりしている。

 やっぱりそういうメジャーの効率的な部分はどんどん取り入れていこうというのが巨人の方針と考えてもいいですか?

「そうですね。そうとっていただいていいと思いますね。

 日本の野球とメジャーリーグと決定的に違うのは連戦です。メジャーは9連戦とか10連戦とかが普通にあるけど、日本の場合は6連戦が基本。だから逆に効率的に投手を回そうとすると工夫が必要になってくる。ただ単純に5人で回せばいいってわけにはいかない。

 メジャーのいい部分と日本的な部分をうまく融合させて、いかに日本のスタイルで効率的な形を作れるか。それは打線の編成でも同じです。

 ただ、そのためにはやっぱり発想の転換っていうのは、これからもっともっと大事になってくると思います」

批判されることは僕にとっては誇り。

――強くなるために、チームとして成長していくためには固定観念を打破したい。

「そういうこと! それが去年はまず2番打者に坂本を置いたということ。それを今年は投手でやる。他の人がやってないから、やらないじゃなくて、他の人がやっていないからこそ『いいじゃないか。やれるときにやっておこう! 早めにやっておこう!!』ということだね」

――批判もあると思いますが……。

「それは怖くない。そういうことは怖くない。批判されることは、僕にとってはむしろ誇り! だから今年、巨人の野球がどう変わるのかをファンの人にも楽しみにして、開幕を待っていて欲しいですね」

 次回「巨人・原辰徳監督インタビュー(下)岡本和真ら若手と新外国人への本音」では原監督がキャンプでのMVPに挙げたイスラエル・モタ外野手に新戦力のヘラルド・パーラ外野手、またビッグ・ベイビーから「若大将」へと成長した岡本和真内野手への期待。

 そして昨年の日本シリーズで敗れたソフトバンク打倒への思いを聞く。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
原辰徳
坂本勇人
桜井俊貴
元木大介
宮本和知
菅野智之
C.C.メルセデス
読売ジャイアンツ
エンジェル・サンチェス

プロ野球の前後の記事

ページトップ