JリーグPRESSBACK NUMBER

日本有数のオールラウンダーは19歳。
湘南・鈴木冬一の五輪の目指し方。

posted2020/02/18 19:00

 
日本有数のオールラウンダーは19歳。湘南・鈴木冬一の五輪の目指し方。<Number Web> photograph by Getty Images

セレッソユースから長崎総合科学大学附属高校を経てベルマーレへ。鈴木冬一は思考にも骨があるのだ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 東京五輪世代で屈指の、もっと言えば日本サッカー界でも稀有なオールラウンダーと言っていい。

 湘南ベルマーレに所属する鈴木冬一だ。プロ2年目の19歳である。

 五輪のサッカー競技は、18人でチームが編成される。W杯より5人も少ない。ふたりのGKを除けば、フィールドプレーヤーは16人になる。複数のポジションに対応できるポリバレントなタイプは、森保一監督が掲げる金メダル獲得という目標に照らしても、欠かすことができないと言える。

 鈴木はレフティーだが、左右両サイドでプレーできる。プロ入りまでは攻撃的なポジションで、「右サイドからのカットインやスルーパスをストロングポイントに」していた。そのうえで、セレッソ大阪のU-18から長崎総合科学大学付属校へ転入した高校3年時は、「左サイドでプレーする機会が増えた」という。

 Jリーガー1年目となった2019年は、左右両サイドで起用された。3-4-2-1のシステムでウイングバックを主戦場としつつ、3バックにも入った。ダブルボランチのひとりを担ったこともある。

 かくも多くのポジションを無理なくこなせるのは、東京五輪世代はもちろん日本サッカー界を見渡しても希少価値が高い。森保監督が湘南と同じシステムを戦術の軸足に据えていることも、彼にとってはセールスポイントになるはずだ。

東京五輪世代では昨年11月が初招集。

 若年層の国際大会にも出場してきた。'17年のU-17W杯に久保建英らとともにメンバー入りし、チームの全4試合に出場した。昨年のU-20W杯も湘南でのアピールが実り、開催地ポーランドへ乗り込むことができた。

 しかし実は東京五輪を目ざすチームには、昨年11月のU-22コロンビア戦が初めてのリストアップだった。しかしケガ人が出たことによる追加招集で、試合に出場することはできていない。それがまた、明るくて真っすぐで、なおかつ勝気なメンタルを刺激した。

「湘南でいいパフォーマンスをして、次も呼ぶしかないというふうにさせたい。そう思わせてくれた初招集でした」

【次ページ】 膨れ上がる「五輪に出たい」。

1 2 3 NEXT
鈴木冬一
湘南ベルマーレ
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ