JリーグPRESSBACK NUMBER

アルディージャが纏い始めた地域色。
アカデミー出身の10番、埼玉出身者。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/02/14 11:30

アルディージャが纏い始めた地域色。アカデミー出身の10番、埼玉出身者。<Number Web> photograph by Getty Images

残留ラインをコントロールするという大宮の伝説は終わりを告げたが、次なる強烈な個性を身に着けつつある。

親会社よりも、地域とのつながりを。

 期待は、ある。U-18日本代表に選ばれたこともある高田は、プレシーズンのキャンプからアピールを重ねている。ナシオナル(ウルグアイ)と対戦した2月9日の一戦でも、後半途中からの出場でインパクトを残した。

 180センチ、65キロのスラリとした体格は線の細さを残すものの、守備ブロックをしなやかにすり抜けていくドリブルは魅力的だ。ストライカーらしい雰囲気を持っている。

 高木監督は「アカデミー出身だから使うということはない」と話しているが、キャリアの浅い選手でも思い切って起用していく。さらに言えば、J2はJ1より試合数が多い。総力戦の色合いは濃くなる。若手選手がチャンスをつかむ可能性はある。

 アカデミー出身の選手を増やしながら戦力を整えてきた近年のチーム作りは、大宮というクラブが新たなフェーズへ突入していることを感じさせるものだ。

 編成についてもうひとつ加えておくと、埼玉県出身が全体のほぼ半数を占めている。親会社のイメージが先行しがちだったクラブは、地域とのつながりを深めながら独自性を打ち出し、J1への返り咲きを期す。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大宮アルディージャ
高木琢也
黒川淳史
小島幹敏
高田颯也

Jリーグの前後のコラム

ページトップ