熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

本田圭佑「見たことがない光景」
ボタフォゴの熱烈歓迎、2つの理由。

posted2020/02/12 12:00

 
本田圭佑「見たことがない光景」ボタフォゴの熱烈歓迎、2つの理由。<Number Web> photograph by Hiroaki Sawada

本田圭佑を迎え入れる多くのボタフォゴファン。空港到着時からすでに大盛り上がりだった。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Hiroaki Sawada

 すさまじい、としか表現しようがない歓迎ぶりだった。

 2月7日午後のリオデジャネイロ国際空港。国際線到着ロビーの壁には、サポーターグループが作った巨大な旗が吊るされている。

「ようこそ(日本語) HONDA」

 ボタフォゴのユニフォームをまとった本田圭佑が絶叫している大きな写真が印刷され、その下に「若い怒り・ボタフォゴの愛のために」(日本語)という不思議なフレーズが(その後、「若い怒り」というのはこのサポーターグループの名前を直訳したのだと気付いた)。

 集結した黒と白の軍団は、約3000人。本田を乗せたドバイ(UAE)からのエミレーツ機が到着する数時間前からロビーを完全に占拠し、「オレー、オレオレオラ、ホンダ、ホンダ」のコールを繰り返し、クラブソング、数々の応援歌、さらにはボタフォゴファンのミュージシャンが彼のために作詞・作曲したサンバなどを飛び跳ねながら歌い続ける。

 一瞬たりとも止まらない。驚異的なエネルギー。これがブラジルのサポーターなのだ。

バスが10分以上動けなかった。

 午後4時半、ベージュの上着の本田圭佑が到着ロビーに姿を現すと、耳をつんざくような大歓声。本田は大きな目を見開き、右手を上げてサポーターに応え、クラブの旗を胸の前にかざす。それから、到着ロビーのすぐ横に停車していたクラブ差し回しの大型バスに乗り込んだ。

 ところが、ここにも大勢のサポーターが群れている。バスを何重にも取り囲んでおり、バスは全く動けない。リオ市内に向けて走り出したのは、10分以上もたってからだった。

 このサポーターの歓迎ぶりについて、翌日、本田は「これまでの自分の人生で、一度も見たことがない光景。本当に驚いた」と語っている。

【次ページ】 セレモニーに1万人超が集結!

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

本田圭佑
ボタフォゴ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ