熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

本田圭佑「見たことがない光景」
ボタフォゴの熱烈歓迎、2つの理由。
 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byHiroaki Sawada

posted2020/02/12 12:00

本田圭佑「見たことがない光景」ボタフォゴの熱烈歓迎、2つの理由。<Number Web> photograph by Hiroaki Sawada

本田圭佑を迎え入れる多くのボタフォゴファン。空港到着時からすでに大盛り上がりだった。

ブラジルと間違いなく相性がいい。

 本田について、ボタフォゴの番記者たちは「主軸として活躍できる」と断言する。その一方で、「すでにピークは過ぎている」、「近年は、自分が設立したクラブやスクールの経営などで忙しいのではないか」といった冷ややかな声がないわけではない。

 近年のパフォーマンスを見る限り、個人的には、今の本田がブラジルで通用するかどうかについて懐疑的だった。

 しかし、入団会見を取材して考えが変わった。

 精悍な顔つき、目の輝き、気持ちが込もった言葉の数々を聞いて、近年になく強いモチベーションを抱いていると感じたからだ。

 ブラジルと非常に相性がいいのは、間違いない。「ゾーン」に入ったような印象すら受けた。

 とはいえ、ボタフォゴでレギュラーの座が約束されているわけではない。まずポジション争いに勝ち、それから試合で結果を残さなければならない。

 2月末前後にデビューするとして、当面、東京五輪出場メンバーが発表されるであろう6月下旬までどのようなプレーをみせるのか。

 フットボール王国ブラジルで、日本人代表を自認する男が、「極めて困難なチャレンジを、ワクワクしながら」始めようとしている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

本田圭佑
ボタフォゴ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ