炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープ投手陣再建は横一線から。
中崎、一岡、今村が胸に秘める思い。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/01/12 11:40

カープ投手陣再建は横一線から。中崎、一岡、今村が胸に秘める思い。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

一岡竜司は2017年、'18年と59試合に登板したが、'19年は33試合に留まった。

一岡が発した「後ろの方で」。

 中崎だけではない。ともに中継ぎとして3連覇に貢献した一岡竜司と今村猛もまた、捲土重来を期す。3投手で一昨年から昨年、計74試合登板数を減らした。

 2人にもまた勤続疲労による歪みが出た。

 一岡は下半身のコンディション不良で7月に出場選手登録を抹消された。8月に1度復帰するも、1試合の登板で再降格となった。シーズンオフに入り、コンディション不良は完治。一度体重と体脂肪を絞り込み、筋量を上げながら再び戦う肉体を作り上げようとしている。

「変わらないといけないと感じた。筋肉量はチームでも少ない方だったし、知識もなかった」

 新しい時代に備え、自己改革を進める。

 普段の立ち居振る舞い同様、コメントはいつも控えめ。目標の設定も謙虚で、投げるポジションも問わなかった。だが、昨年末の契約更改後は珍しくポジションへの意欲を口にした。

「自分の真っすぐで勝負して、勝ちパターン、後ろの方で投げられるのがベスト。若い選手もいっぱいいるので、一軍のいい位置をとれるように頑張りたいです」

 一岡にも、右腕の浅指屈筋挫傷を乗り越えた経験がある。この先にまた、新しい自分がいるはずだ。

昨季は27試合登板に終わった今村。

 今村は緒方政権下の5年、敗戦処理からセットアッパー、抑えまで幅広い役割を務めた。1度も一軍登板ゼロがないままプロ10年を駆け抜けたものの、昨年は一軍初昇格が7月まで遅れ、27試合登板に終わった。これまで順風満帆に425試合投げてきたわけじゃない。苦しい時期もあった。

 3年連続50試合登板から、'14、'15年は2年で計38試合にしか登板できなかった。それまでの自分の投球とのギャップに戸惑いながらも、殻を破って新しいスタイルを確立させた。'16年から2年連続で60試合以上に登板。'18年も43試合に投げた。

 だからこそ「いろんなことにチャレンジしないといけないと思っている。自分の体を見つめ直して、いいところも悪いところも受け入れて、また成長したい。やれるんじゃないかなと思います」。再び這い上がる道筋は見えている。

「やるからにはチームの勝敗を左右するポジション、いいポジションで投げたい。ライバルは多い? 楽しみではあります。それはそれで」

【次ページ】 ベテランではないが、若手でもない。

BACK 1 2 3 NEXT
広島東洋カープ
中崎翔太
一岡竜司
今村猛
佐々岡真司

プロ野球の前後のコラム

ページトップ