プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

プロレス大賞男オカダ・カズチカの悩み。
東京五輪に負けないプロレス人気を!

posted2020/01/02 11:40

 
プロレス大賞男オカダ・カズチカの悩み。東京五輪に負けないプロレス人気を!<Number Web> photograph by Essei Hara

すでに日本プロレス史に残る結果を出しているオカダ・カズチカ。名実ともにスーパースターになるため、何をすべきか……。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 オカダ・カズチカは悩んでいた。どうすれば、「プロレス大賞MVP」を取り返すことができるのかと。

 2019年のプロレス大賞MVPにはオカダが選ばれた。「年間最高試合」も2019年10月14日、両国国技館で行われたSANADAとのIWGPヘビー級戦が選出されてダブル受賞となった。

 オカダは悩みを抱えていた。2017年1月4日、東京ドームでのケニー・オメガとのIWGP戦で世界をあんなに驚かせても、IWGPを連続防衛し続けても、2016年、2017年、2018年と3年間、オカダにはプロレス大賞MVPの栄冠が戻って来ない状況が生まれていた。

 その最初の2年間は内藤哲也ブームとその人気に押されて。2018年は引導を渡したはずの棚橋弘至の踏ん張りにMVPという栄冠を持っていかれてしまっていた。

 どうすれば、MVPがオカダの元に戻って来るのか……オカダはそれを考えるようになっていた、と吐露した。「何をすればいんだ」と。

 それは、2019年にMVPを無事取り返すことができたから告白できた悩みだった。

「ライバル」に指名したのはSANADA。

 MVPを奪還するというその目的に対する手段が、SANADAという同世代のレスラーとの試合だった。今年3月の長岡でのニュージャパンカップ決勝でのSANADAとの対戦で感銘を受けたオカダは、同世代のSANADAを「ライバル」に指名した。

 2019年4月にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでジェイ・ホワイトからIWGP王座を奪還すると、5月の福岡では約束通りSANADAとその初防衛戦を行った。

 6月には大阪でクリス・ジェリコの挑戦を退けた。8月にはロンドンで鈴木みのるを相手にIWGPの防衛を重ねた。

 そして、10月の両国国技館で、また防衛戦の相手にSANADAを指名した。オカダの作戦通り、このSANADAとのIWGP戦が今年の「年間最高試合賞」に選ばれた。

【次ページ】 「年間最高試合賞」に選ばれる真の栄誉。

1 2 3 NEXT
新日本プロレス
オカダ・カズチカ
SANADA
飯伏幸太
ジェイ・ホワイト
アントニオ猪木
ジャイアント馬場
ジャンボ鶴田
タイガーマスク
佐山聡
内藤哲也
棚橋弘至
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロレスの前後のコラム

ページトップ