マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「秋の甲子園」に集った才能の数々。
今年の1年生は投手も野手も粒揃い。

posted2019/12/04 11:30

 
「秋の甲子園」に集った才能の数々。今年の1年生は投手も野手も粒揃い。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

高校野球にとって秋と冬は成長とチーム作りの時期である。熊野は多くの学校にとってその絶好の場所になっている。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「くまのベースボールフェスタ 練習試合in熊野2019」……かなり長い名称のこの催し。長いだけのことはある、内容もまさに「秋の甲子園」だ。

「熊野」の時は、隣り町の新宮からレンタカーで通うのだが、その道中がすばらしい。

 海沿いの国道をおよそ30分。行く手の右側は、ずっと太平洋だ。

 このあたりは「熊野灘」と呼ばれ、アメリカまで続く広大な黒潮の海がどこまでも見渡せる。行く手の左側には、熊野の山々が連なり、ところどころにみかん山のオレンジの点々が目に楽しい。

 この景色に魅せられて、秋の熊野をこよなく愛する監督さんもおられるほどだ。私だって、ほんとのところ、そのクチだ。

報徳学園・久野の稀少な能力。

 遊学館vs.報徳学園。

 まさに「甲子園」のようなカードで、遊学館の1年生右腕と投げ合った報徳学園の長身左腕・久野悠斗(183cm76kg・左投左打)もまた1年生だ。

 外野のフェンスの向こうからひと目見て、アイツだ……とわかった。

 手足が長く、スリムなシルエットのユニフォーム姿。セットポジションから体を柔らかくくねらせたオーバーハンド。上体だけで力み過ぎない。全身の連動で、腕を振るというよりは、下のアクションにつられて腕が勝手に振られている……そんな印象のメカニズムに好感が持てる。

 スピードガンの数字と勝負するような愚を犯すタイプじゃない。

 スライダー、カーブでサッとカウントが作れるのが、まずいい。そうしておいて、右打者にはシュート回転のきびしい速球でファールを打たせ、左打者にはクロスファイアーの球筋でファールを打たせて追い込める。あとは打者の反応を見て、打ち取り方を決める。  

 打ち取るストーリーを描ける左腕。この時期の、このサイズの左腕としては稀少な存在だ。

 数字はまだそんなに出ていなくても、球筋と質の高い速球の持ち主だ。

【次ページ】 近大高専の白石は間違いなく逸材だが……。

1 2 3 4 5 NEXT
敦賀気比高校
創志学園高校
遊学館高校
報徳学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ