JリーグPRESSBACK NUMBER

J1出場1試合で、ACL決勝の大舞台へ。
浦和の控えGK福島春樹の拠りどころ。

posted2019/11/08 11:00

 
J1出場1試合で、ACL決勝の大舞台へ。浦和の控えGK福島春樹の拠りどころ。<Number Web> photograph by Getty Images

第31節鹿島アントラーズ戦でJ1デビューを飾ったGK福島春樹。プロ4年目、ACL決勝という大きなチャンスが巡ってきた。

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 浦和が2007年、2017年に続き、大会史上最多となる3回目のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に王手をかけている。決勝の相手はアルヒラル(サウジアラビア)。アウェーでの第1戦は日本時間11月9日深夜に行われる。

 アルヒラルとは2年前も決勝で対戦しており、第1戦がアウェーなのも同じだった。このときはGK西川周作を中心に守備を固めて耐えしのぎ、1-1で第1戦を乗り切ったことが、第2戦での1-0勝利とアジア制覇につながっている。

 だが今回、西川は準決勝第2戦で警告を受けたため、警告累積の出場停止で第1戦に出場できない。となれば、代わりに出場するGKのパフォーマンスが第1戦の結果、さらにはアジア制覇の成否に大きく影響するはずだ。

プロ4年目で訪れたチャンス。

「以前から想定していて、そうなれば試合に出るのは自分だろうと思っていました。最高の準備をしたいです」

 西川は9月の準々決勝第2戦に警告を受けていたため、あと1回で出場停止という状況が続いていた。今季、浦和の第2GKとして西川の控えを務めてきた福島春樹は、少し前から心の準備ができていたという。「ケガなどで急に出ることになるより、準備はしやすいと思っている」と語り、そのまま決勝第1戦のゴールマウスを任されるだろう。

 プロキャリア4年目で訪れた最大のチャンス。それをつかみ取るまでには、多くの紆余曲折があった。

 俊敏なセーブに加え、利き足の左足から繰り出す正確なキックなど、足でボールを扱う技術の高さも持ち味の1つ。静岡学園高から進んだ専修大では1年時から正GKを任され、まだ3年だった2015年1月に浦和への加入が内定した。

【次ページ】 出場機会を求めて、鳥取へ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福島春樹
西川周作
浦和レッズ
ガイナーレ鳥取

Jリーグの前後のコラム

ページトップ