スポーツ百珍BACK NUMBER

ここ最近、J1残留ラインが高すぎる。
プレミアやブンデスと比べても……。

posted2019/11/07 11:50

 
ここ最近、J1残留ラインが高すぎる。プレミアやブンデスと比べても……。<Number Web> photograph by Getty Images

イニエスタ、ポドルスキらが加入するも、昨季は残留争いに巻き込まれたヴィッセル神戸。第33節清水戦でなんとかJ1の座を死守した。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2019年のJ1も大詰め。鹿島・FC東京・横浜FM・川崎の優勝争いや来季ACL圏内争いが佳境を迎えている。しかし昨シーズンに続いて大混戦となっているのがJ1残留争いである。

 この時期になってJリーグの試合会場に足を運ぶと、あることに気づく。

 ハーフタイムだけでなく、試合中にもスマホにちょこちょこ目をやる人が増えるのだ。

 それはよっぽどの急用じゃない限り、絶対に他会場の経過を見ている、はずである。かくいう筆者も「目の前の試合に集中しろ!」と言われそうだが、気になる試合はライブ配信を横目に観戦しているのだから。

 今季もそんなファンやサポーターが増えるんだろうな……と思ったのは、J1第30節の結果である。最下位の磐田が清水との静岡ダービーを2-1で制し、勝ち点を「25」とした。そして下記は11月5日終了時点で残留争いに関わっているクラブの順位表だ。カッコ内の数字は(勝ち点/得失点差)である。

11位浦和は2試合消化済み……。

9位 G大阪(38/1)
10位 神戸(38/-1)
11位 浦和(36/-15)
12位 仙台(35/-8)
13位 清水(35/-22)
14位 名古屋(33/-6)
15位 鳥栖(32/-19)
16位 湘南(31/-23)
17位 松本(30/-14)
18位 磐田(25/-20)

 磐田の立場から見れば、「J1参入プレーオフ」に回る圏内となる16位まで、残り4試合で勝ち点差6。徳俵に足がかかった状態なのは確かだが、まだ希望は捨てなくていいだろう。

 そして11位浦和から自動降格の17位松本までが、勝ち点6差でひしめき合う状況。なお浦和はACL決勝を戦うこともあって2試合消化が多く、残り2試合で最大でも勝ち点6しか稼げない。3度目のアジア王者にあと一歩に迫っているクラブですら、リーグ戦では厳しい状況に追い込まれている。

【次ページ】 過去10年の下位4クラブの勝ち点は?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アンドレス・イニエスタ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ