JリーグPRESSBACK NUMBER

第4GKから7年目のルヴァンMVP。
新井章太と川崎が描いたストーリー。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/10/29 18:00

第4GKから7年目のルヴァンMVP。新井章太と川崎が描いたストーリー。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

3失点しながらPK戦での活躍でMVP獲得。新井章太の“逆転人生”からすれば、それも彼らしいと言えるのかもしれない。

福森とともにベンチ外を経験した頃。

「福森のセットプレーは厄介ですね。Jリーグで一番と言ってもいいぐらいだと思います。福森も決勝でフロンターレとできるという思い入れがあると思うので、そういうのに負けないようにしたい」

 一緒にプレーしていた時期は、どちらもベンチに入れない試合も珍しくない立場だった。どちらかと言えば、公式戦のピッチよりも麻生のグラウンドで多くの時間を過ごしている関係と言えた。

「お互いに全然出られていない時期しか一緒にサッカーをしていないんですよ。そこから福森も成長しているし自分も成長している。そこは、知っている選手とやるという感覚ではないですね」

 福森が川崎を離れて5シーズン目。その間、新井も飛躍を遂げた。その両者が決勝戦のピッチで対峙するのだから、なんとも不思議な巡り合わせだったと言える。

FKが決まり、谷口が退場の危機。

 クライマックスは、2-2で延長戦に突入した99分に訪れた。

 ペナルティエリア右側で獲得したFKのキッカーを務めたのは福森。左ポストを狙いすました自慢のキックは、壁の頭上を越えて、新井の手も届かない鋭い弾道でゴールネットに突き刺さった。

 これでスコアは2−3。

 しかも、このFKを巡るファウルで谷口彰悟が一発退場となり、川崎は10人に追い込まれていた。試合後、キャプテンの小林悠は「起こってしまったことは仕方がない。ただ福森のフリーキックはズシッときました」と話していたが、おそらく本音だろう。まさに絶体絶命。川崎が崖っぷちに追い込まれた瞬間だった。

 しかし、そんな逆境でも簡単には屈しないのが、チャンピオンである。

 しかもこの日の川崎には、とびきりに諦めの悪い男がいた。

 新井章太だ。

【次ページ】 「つまらない試合はしたくなかった」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新井章太
登里享平
福森晃斗
川崎フロンターレ
北海道コンサドーレ札幌

Jリーグの前後のコラム

ページトップ