欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

柿沼利企、日本人ドリブラー、19歳。
スイス第3のクラブで成り上がる。 

text by

栗田シメイ

栗田シメイShimei Kurita

PROFILE

photograph byFC Lugano

posted2019/10/14 09:00

柿沼利企、日本人ドリブラー、19歳。スイス第3のクラブで成り上がる。<Number Web> photograph by FC Lugano

FCルガーノに今夏移籍した柿沼。まずはU-21チームで出場時間をのばしていきたい。

トップデビューの条件は。

 日本人にとってスイスリーグは馴染みがあるリーグとは言えないかもしれない。だが、近年ではスイスでも日本人の評価が高まりつつあるという。ルガーノSDのパドリーノは、現在の市場をこう分析する。

「スイスで最も多いケースはセリエAへの移籍で、各クラブにとってもイタリアへの移籍金は大きな財源となっている。だが、これまでスイスで大きな成功を収めた日本人はおらず、日本人のイタリアへの移籍自体も減少しているよね。

 しかし時代が変わり、現在は多くの日本人選手がヨーロッパで活躍するようになった。特に近年ではベルギーやオランダ、ポルトガルといった国が日本の若い才能に注目していると感じるよ。

 その結果スイスでも日本人への注目度は高まっている。1人活躍する選手が出てくれば、流れは一気に変わるはずだ。それはリキかもしれないし、他の選手かもしれない」

 ルガーノに合流して約1カ月。柿沼はトップチームとU-21チームを行き来する日々を過ごしながら、少しずつスイスのサッカーに適応し始めている。ある日の練習後、トップの監督から呼び出された柿沼は、トップデビューの条件としてこんな注文を受けたという。

「逆サイドにボールがある際のディフェンスの意識と強度。その課題をクリアすること。ディフェンス面が改善された時、君のドリブルはチームの武器になるし、私も早く試したい」

 もっと、もっとより高みに――。まだあどけなさが残る19歳のドリブラーは、その表情とは裏腹の力強い口調で、そう何度も繰り返した。

関連記事

BACK 1 2 3 4
柿沼利企
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

海外サッカーの前後の記事

ページトップ