リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

6歳からビジャレアル育ちのCBパウ。
クラブの愛情が実った初代表招集。

posted2019/10/11 19:00

 
6歳からビジャレアル育ちのCBパウ。クラブの愛情が実った初代表招集。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

「イエローサブマリン」の愛称で知られるビジャレアル。パウのような選手を生み出す当たり、スペインサッカーの地力を感じる。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 ユーロ予選のノルウェー戦(10月12日)とスウェーデン戦(同15日)を控えるスペイン代表メンバーに、ビジャレアルからサンティ・カソルラ、ラウール・アルビオル、ヘラルド・モレノ、パウ・トーレスの4人が選ばれた。

「彼らの代表入りは彼ら自身とチームがよくやっているから。監督として名誉なことだ。4人のうち3人はカンテラ出身なので、ビジャレアルの選手育成に対する報奨でもある」

 コメントを求められたハビエル・カジェハ監督の返答だが、クラブや地元ビジャレアルの人々にとって感慨ひとしおなのは、パウ・トーレスの名前があることだろう。

1997年に生まれ変わったクラブ。

 彼は1997年1月16日、ビジャレアルで生まれた。

 当時のビジャレアルは地方の弱小クラブだった。1980年代後半3部から2部Bリーグに昇格して、'92年から2部で戦っていたが、慢性的な赤字のせいで青息吐息。本拠地エル・マドリガル(現デ・ラ・セラミカ)の収容人数は3000人。ソシオは2500人しかおらず、空席だらけが当たり前だった。

 しかし、パウの誕生から4カ月が経った5月15日、ビジャレアルは生まれ変わることを宣言する。

 タイル製造大手パメサの社主であるフェルナンド・ロイグが43万2000ユーロ(現在のレートで約5100万円)でクラブを買収したのだ。

 ちなみにクラブ売買の手続きはビジャレアルにあるバル、ロイグの会見はレストランで行われた。当時は事務所がなかったからである。

 新オーナーとなったロイグは、'94年から運営責任者を務めていた現副会長のホセ・マヌエル・ヤネサとともに、早速いくつかのプロジェクトを進行させた。

【次ページ】 6歳からビジャレアルひと筋のパウ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ビジャレアル
パウ・トーレス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ