箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

大学駅伝シーズンが出雲でスタート。
BIG3を脅かす國學院、そして……。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/10/12 11:30

大学駅伝シーズンが出雲でスタート。BIG3を脅かす國學院、そして……。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

平成最後の箱根駅伝で5区区間賞を獲得した國學院大の浦野雄平はトラックでも絶好調、現大学界最強ランナーと言っていいだろう。

もはやダークホースではない。

 昨年から「歴史を変える挑戦」を継続し、まずは7年ぶりに出場の“出雲獲り”を狙っている。出雲で結果を出せば、チーム最大の目標としている「箱根往路優勝」につながる。

 まず1区で藤木が飛び出し、2区の青木で差を広げ、エース区間の3区を浦野が走り、アンカーの土方が締める。 こうした区間配置がハマってトラックシーズンのままの力を発揮すれば、十分優勝争いができる。

 もはやダークホースではなく、本命のひとつ。出雲だけではなく、今シーズンの駅伝を掻き回してくれそうだ。

駒澤は3大会トップ3を目指す。

 駒澤大も勢いがある。

 2シーズン前の箱根駅伝ではシード落ちを経験したが、予選会はトップ通過。前回の箱根駅伝は4位につけ、「平成の常勝軍団」と言われたチームの底力を見せた。

 今年のトラックシーズンも上々だった。関東インカレ2部5000mでは、田澤廉(1年)が日本人2位、総合7位に入る健闘を見せ、2部1万mでは中村大聖(4年)が日本人2位、総合6位、中村大成(4年)が総合12位、伊東颯汰が総合15位に入った。

 またハーフマラソンでは山下一貴(4年)が2位、神戸駿介(3年)が5位とロードでの強さを見せた。9月の日体大記録会5000mでは、山下、中村大聖、中村大成、伊東、神戸、田澤の6人が13分台を出し、山下以外の5人は自己ベストを更新し、好調を維持している。

 この6人で十分優勝が狙えるが、彼ら以外にも箱根を走った加藤淳(3年)らもおり、選手層は厚い。

 MGCではOBの中村匠吾(富士通)の応援のために選手たちが沿道に繰り出した。中村は見事優勝して東京五輪男子マラソンの出場権を獲得した。次に結果を出すのは自分たちだとチームの士気は高まっている。

 大八木監督は「学生駅伝3大会すべてトップ3入り」を目指している。箱根に向けて、したたかに強化をつづける駒澤大の走りも要注目だ。

【次ページ】 青学は最強世代の離脱が響くか。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

國學院大學
東海大学
東洋大学
青山学院大学
駒澤大学

陸上の前後のコラム

ページトップ