Overseas ReportBACK NUMBER

世界陸上のメディアレースが面白い。
人生を反省し、選手を尊敬する800m。

posted2019/10/09 19:00

 
世界陸上のメディアレースが面白い。人生を反省し、選手を尊敬する800m。<Number Web> photograph by Ayako Oikawa

出場した日本メディアが棒高跳び3位のステファニディと記念撮影。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Ayako Oikawa

 世界陸上で、「メディアレース」なるものが行われるのをご存知だろうか。

 言葉の通り、世界陸上を取材しているメディアが800mを走るのだが、800m前日本記録保持者、横田真人氏はこう説く。

「800mは人生そのものです」

 人生なんて大げさな、と思うかもしれない。振り返るには800mは短すぎる、とも。

 たかが800m。されど800m。ドーハで行われたメディアレースの悲喜こもごもを紹介したい。

200m地点で第一次後悔の波に。

 まずはじめに。このレースはメディア対象だが、大きく分けると3つのタイプのグループに分かれる。真剣に走ろうとする人と、ちょっと自信があって参加した人、面白そうだから参加した人。参加標準記録などはもちろんない。レベルも意識も天と地ほどの差がある。

 真剣組の多くはスパイクとユニフォームを持参。世界陸上の取材に行くのに、なぜスパイクを持参するのか、一般人には全く理解できないが、彼らは真剣だ。仕事の合間に過酷な練習を積み、おそらく調整練習もしているのだろう。アスリートメディアと呼んでもいい。彼らにとっても2年に一度の晴れ舞台なのだ。

 なんとなく組は、たまにジョギングやジム通いしている程度。面白そうだから参加した人、は言うまでもない。

 スタート前にほぼ勝負は決まっている。

 真剣組は軽やかに颯爽と800mを走りきる。1周60秒前後のラップを刻み、集まった人々の羨望を一手に引き受ける。

 問題は「なんとなく組」だ。普段ジムに行っているから800mくらい走れそうだ、昔、野球部(サッカー部)だったから多分走れるだろう。800mはそういう人たちに違う世界を見せてくれる。

【次ページ】 本番さながらの舞台で800mを走る。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

陸上の前後のコラム

ページトップ