JリーグPRESSBACK NUMBER

脇坂泰斗は「とにかく、やりやすい」
川崎で評判高い、心配りと泥臭さ。

posted2019/09/14 08:30

 
脇坂泰斗は「とにかく、やりやすい」川崎で評判高い、心配りと泥臭さ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ルヴァンカップ準々決勝、名古屋との連戦にスタメン出場した脇坂泰斗(中央)。プロ2年目の今季は厚い選手層の中、出場機会を増やしている。

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 とにかく、やりやすい。

 王者・川崎フロンターレの同僚たちに聞くと、皆がそんなフレーズを口にする選手がいる。

 プロ2年目の脇坂泰斗である。

 主戦場は主にトップ下だが、司令塔タイプではない。動きながらプレーできる機動力を備えており、どちらかといえば、シャドーストライカーに近いタイプだ。ゴール前でのフィニッシュワークも特筆すべきものがある。

 川崎フロンターレU-18時代には10番を背負った。

「止める・蹴る」の技術が高く、プレーにも非凡なセンスを感じさせるが、中盤のテクニシャンにありがちな王様タイプではない。周囲と呼吸を合わせながらプレーするセッションに長けており、周りを生かしながら自分を生かすことができるプレーヤーだ。それでいて、守備でハードワークすることを厭わない泥臭さもある。

 だからこそ、味方からは「やりやすい」との声が上がるのである。

下田のゴールをお膳立て。

 ルヴァンカップ準々決勝2ndレグ・名古屋グランパスvs.川崎フロンターレ。

 53分、ボールをトラップした下田北斗が力強く踏み込んで左足を一閃すると、次の瞬間、約30m先のゴールマウスを守るGK武田洋平の手をすり抜けてゴールネットに突き刺さっていた。「感触的には良かったし、入るかなと思った」と、打った瞬間に下田本人が手応えを感じたミドルシュートは、ホームでの第1戦を2-0で勝利していた川崎にとって、勝ち上がりを決定づけるに等しいアウェイゴールとなった。

 下田が決めたこの一撃をお膳立てしたのは脇坂の仕事だ。

 右サイドで家長昭博とのコンビネーションによる崩しの意志を見せながら、相手のエドゥアルド・ネットを中央の持ち場からサイドに引っ張り出した。もちろん、狙いがあっての駆け引きである。

「アキさん(家長昭博)とのワンツーも行けたと思うんですけど、僕のマークについていた選手が左に動いた。ターンして打とうと思ったら、ネットも食いついてきていたので、北斗くんがフリーでした。自分も打って欲しいと思っていたので、トラップにストレスのかからないようなパスを心がけて出しました」(脇坂)

【次ページ】 受け手に届く、脇坂の心配り。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川崎フロンターレ
脇坂泰斗
守田英正

Jリーグの前後のコラム

ページトップ