沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ブラストワンピース、凱旋門賞へ。
札幌記念の力勝負を制した意味。

posted2019/08/19 15:20

 
ブラストワンピース、凱旋門賞へ。札幌記念の力勝負を制した意味。<Number Web> photograph by AFLO

日本競馬界にとって悲願である凱旋門賞の制覇。現時点では、ブラストワンピースが最も近い位置にいると言えるだろう。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

AFLO

 GI馬4頭が出走する超豪華メンバーとなった第55回札幌記念(8月18日、札幌芝2000m、3歳以上GII、14頭立て)を、川田将雅が騎乗する3番人気のブラストワンピース(牡4歳、父ハービンジャー、美浦・大竹正博厩舎)が優勝。秋の凱旋門賞挑戦に弾みをつけた。

 4頭のGI馬のうち2頭が、ここをステップに凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン芝2400m、GI)に向かうと発表されていた。ブラストワンピースと、1番人気のフィエールマン(牡4歳、父ディープインパクト、美浦・手塚貴久厩舎)である。

 最内の1枠1番からスタートしたブラストワンピースは、後方馬群の内埒沿いを進んだ。クリストフ・ルメールが乗るフィエールマンは、その外につけた。

 ブラストワンピースと初コンビを組んだ川田はこう振り返る。

「この枠になった時点で、嫌なイメージの並びだなと思いました。終始いい流れではないなかで競馬をすることになりました」

 スタンドから見守った大竹正博調教師もハラハラしたようだ。

「ゲートは出たと思ったのですが、ぜんぜん進んで行かなかった。いやあ、どうするのかな、と思いました」

ブラストワンピースの前がバラけた。

 逃げたエイシンティンクルが向正面でペースを上げた。14頭の馬群は15馬身ほどの縦長になり、1000m通過は59秒9。

 大竹調教師はつづける。

「エイシンティンクルがいい流れをつくってくれた。そのおかげで、馬と馬との間にスペースができた。瞬発力勝負になると分が悪いのですが、スペースがあれば自分から動いて勢いをつけることができる」

 3、4コーナー中間の勝負どころで、ブラストワンピースは馬1頭ぶん外に持ち出し、5馬身ほど前にいたワグネリアンを追いかけるような形で進出した。

「道をつくりに行こうとしたのですが、道がなかった。展開を思えば苦しかったのですが、ワグネリアンが動いてくれたおかげで前がバラけて助かりました」

 そう話した川田は、直線入口でブラストワンピースをワグネリアンの内に誘導した。

【次ページ】 有馬記念以来の意義ある勝利。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ブラストワンピース
フィエールマン
クリストフ・ルメール
川田将雅

競馬の前後のコラム

ページトップ