ビッグマッチ・インサイドBACK NUMBER

開幕戦圧勝のマンU、急激な若返り。
102億円DFにギグスも驚いた韋駄天。

posted2019/08/16 11:40

 
開幕戦圧勝のマンU、急激な若返り。102億円DFにギグスも驚いた韋駄天。<Number Web> photograph by Getty Images

レスターを経て赤い悪魔の一員となったマグワイア。ユナイテッド再建の主役となれるか。

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 イングランド・プレミアリーグ、2019-20シーズンの開幕カードで最も注目を集めた一戦が、いきなりの「ビッグ6対決」となったマンチェスター・ユナイテッド対チェルシーだった。

 チェルシーの新監督、フランク・ランパードがどんなサッカーをするのか、そこに注目して試合を見始めたのだが、自然と目を奪われたのは、対峙する「赤い悪魔」の方の“新顔”だった。

 この夏、レスターからDFの移籍金歴代最高額となる8000万ポンド(約102億6000万円)でやってきたセンターバックのハリー・マグワイアが、いきなりユナイテッドの守備陣を統率し、ランパード・ブルーズの縦に速い攻撃をすべてシャットアウトしたのである。

 ビッグクラブでのプレーは初挑戦。だが、すでにイングランド代表では守備の中心を担っているだけあって、浮き足立つことなく、デビュー戦とは思えぬ安定感を見せ、彼はいきなり守備の中心として君臨していた。

カウンター前のボールを奪う秀逸さ。

「あいつのことは『ザ・ビースト』と呼んでいるんだ」

 ポール・ポグバがそんなことを言っていたが、まさにニックネーム通りのフィジカルを発揮し、あらゆるロングボールをヘッドで跳ね返し、地上戦でも力強いマーキングでボールを次々と奪い取った。ドリブルで抜かれたシーンは一度もなく、それに加えて鋭い読みでこの試合最多のインターセプトも記録した。

 ユナイテッドが4-0で勝利したこの試合の65分、勝負の行方を決定付けた2点目のゴールは、マグワイアがチェルシーのFWタミー・アブラハムをタイトなマークで封じ、ボールを奪ったところから発動したロングカウンターだった。

 マーカス・ラッシュフォードがボールを運び、右で受けたアンドレアス・ペレイラのクロスに、アントニー・マルシャルが合わせた。

 この場面を筆頭に、この日はとにかくユナイテッドのカウンターアタックが冴え渡っていたが、その前段となる肝心の“ボールを奪う”プレーを支えていたのは、間違いなくマグワイアだった。

【次ページ】 モウリーニョは「岩」にたとえた。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ハリー・マグワイア
マンチェスター・ユナイテッド
ポール・ポグバ
オレ・グンナー・スールシャール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ