JリーグPRESSBACK NUMBER

フロンターレのリアリスト阿部浩之。
憲剛と同じ目+遠藤っぽい効率性。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/09 20:00

フロンターレのリアリスト阿部浩之。憲剛と同じ目+遠藤っぽい効率性。<Number Web> photograph by Getty Images

FC東京との多摩川クラシコでは試合を決定づけるゴールを決めた阿部浩之。川崎に欠かせない仕事人である。

「リョウタと俺はそっちじゃない?」

 中村憲剛や小林悠のように、味方に檄を飛ばし、時にサポーターも煽ってボルテージを高める存在は絶対的に必要な選手である。

 ただ、どこか一歩引いて全体を眺め、淡々と試合を進めることができる存在も同時に必要なのである。「リョウタ(大島僚太)と俺はそっちじゃないですか」と阿部は笑うが、お互いに補完しあっているから川崎は強いのである。

 8月に入り、日本列島の猛暑は激しくなるばかりだ。

 各地でサッカーをする選手たちも、生身の人間である。消耗が激しい真夏の戦いでは、どのチームも夏場の戦い方に最適化したゲームの進め方、ゲームコントロール力が求められることになる。

 いかにゲームの流れを読みながら、効率的に試合運びをするか。リアリストの仕事人・阿部浩之が輝き始める試合も増えていきそうだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阿部浩之
中村憲剛
川崎フロンターレ
遠藤保仁

Jリーグの前後のコラム

ページトップ