ゴルフPRESSBACK NUMBER

全英制覇・渋野日向子、笑顔の力。
「見たことがない」米TVアナも驚愕。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byKYODO NEWS

posted2019/08/05 17:00

全英制覇・渋野日向子、笑顔の力。「見たことがない」米TVアナも驚愕。<Number Web> photograph by KYODO NEWS

最終ラウンドでも観客に笑顔でハイタッチをしていた渋野。

「サンキュー」の一言。

 優勝後も渋野の笑顔は全開だった。優勝スピーチは、スポンサーや主催団体の名前をメモを見ながら英語で読み上げた後、ひと呼吸置き、あらためて満面の笑顔で「サンキュー!」の一言。

 それは、流暢な英語を操る欧米人選手たちの立派な優勝スピーチと比べれば、内容は無く、「サンキュー」の一言だけ。たったそれだけのスピーチだった。

 だが、それで十分。その一言だけで十分。たどたどしい英語で一生懸命に読み上げたからこそ、そのひたむきさに大観衆は頷きながら聞いていた。

 あらためて見せた笑顔と「サンキュー!」の一言が、とてもピュアだったからこそ、人々は彼女に惜しみない拍手を送った。

 現地では現地の人々への感謝を込めて、現地の言葉で感想を述べ、お礼を述べる。その姿勢が現地の人々に受け入れられ、声援やサポートにつながっていく。

小林浩美が先駆者だった。

 日本の女子選手では、小林浩美がその先駆者だったと言っていい。米LPGAで初優勝を遂げたとき、マイクを向けられた小林がはち切れそうな笑顔で「Just happy.」と一言だけ言った姿が今でも忘れられない。

 宮里藍も英語をしゃべることにはとても積極的で、彼女も笑顔が素敵だった。

 小林は米ツアーに腰を据えて本格参戦し、宮里もそのスタイルに追随し、どちらも米ツアーや世界の舞台で頂点を極めることを目指しつつ、残念ながらメジャー制覇は叶わなかった。

 渋野は、そんな諸先輩たちが教えてくれた「笑顔と英語」を自ずと身に付け、生かして勝った感がある。だが、諸先輩たちとの決定的な違いは、米ツアーや世界の舞台より「日本」を見つめているところだ。

【次ページ】「あらためて日本が好きだなと思いました」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渋野日向子

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ