リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

変革なきレアル・マドリーにNO!
ジダンも欲しがるポグバ獲得は?

posted2019/08/02 11:30

 
変革なきレアル・マドリーにNO!ジダンも欲しがるポグバ獲得は?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

3-7で敗戦したA・マドリー戦では小競り合いも……。不調が続くプレシーズン、リーグ開幕は迫っている。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

「ジダンが宣言した変革の痕跡は一片たりともなし」

 レアル・マドリーのインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)終了後に書かれた『マルカ』紙ウェブ版の見出しである。

 今年の3月、いつまで経ってもトンネルから抜け出せないでいるR・マドリーの指揮を改めて引き受けたジダンは、「変革を起こす」と口にしてサポーターに希望を抱かせた。

 クラブも協力体制を敷き、今オフにはアザール、ヨビッチ、ミリタン、メンディ、ロドリゴの入団を次々に発表した。プレシーズン序盤の合宿地は当初ロサンゼルスのUCLAで決定していたが、ジダンのリクエストでカナダにあるMLSモントリオール・インパクトの施設に変更された。

 そこはリーガとCLの2冠を達成した2016-17シーズン前にも利用した、思い出の場所である。それなのに、蓋を開けると何もかもが実質昨季のままである。

 ジダンが選ぶ11人の顔ぶれに大きな変化はなく、パフォーマンスも代わり映えなし。試合中にたびたび集中が途切れ、単純なミスが目につく。アザールを除き、新加入選手は戦力になっていない。

A・マドリーにはまさかの7失点。

 ICCの初戦はバイエルンに1-3で敗れた。続いてアーセナルに2-2で引き分け。そして最後は、いついかなるときも負けてはならないはずのアトレティコ・マドリー相手に史上8度目となる7失点(3-7)を喫して惨敗した。

 プレシーズンに限っていうと、1-9で敗れた1990年のバイエルン戦以来となる大惨事である。

「夏がくればチームは変わる」と信じ続けてきたサポーターや一般的なサッカーファンは、そんなR・マドリーの現状をどう見ているのか。

【次ページ】 「適確な補強は?」の問いに8割がNO。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レアル・マドリー
エデン・アザール
ポール・ポグバ
久保建英
ジネディーヌ・ジダン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ