欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

久保建英はジダンの好みとなるか?
“元祖・神童”玉乃淳が見る将来性。

posted2019/08/01 11:50

 
久保建英はジダンの好みとなるか?“元祖・神童”玉乃淳が見る将来性。<Number Web> photograph by Getty Images

ICCのアトレティコ・マドリー戦に出場した久保建英。強烈なミドルシュートで3点目を呼び込んだ。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Getty Images

 アンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスが、日本風に言うなら「同期」である。

 彼らと同じ1984年生まれ。ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)の下部組織で育ち、15歳でアトレティコ・マドリーのユースに加入した玉乃淳氏は、同い年の"怪物"2人の成長過程をライバルとして、チームメイトとして間近で見てきた稀有な日本人だ。

「正直、アトレティコのカデテ(15~16歳のユースカテゴリー)に入った時は、超余裕でした。いきなりトップ下のポジションを任されましたし、当時は“自分最強”って思ってましたからね(笑)」

 しかし、日本サッカー界の“元祖・神童”は、ひとつ上のカテゴリーでレベルの高さを痛感させられる。

「楽勝だと思っていたのが、急に厳しくなりましたね。トーレスやマヌ・デル・モラルなどがいた当時のアトレティコのフベニール(17~19歳のユースカテゴリー)は、ヨーロッパチャンピオンにも輝いた、まさに黄金世代。レベルは高かったですね」

イニエスタ見たさに学校をサボった。

 そして、バルセロナのユースにはイニエスタがいた。フベニールのアトレティコ対バルサ戦には、トーレスとイニエスタの直接対決を観ようと、多くのファンが押し寄せたという。もっとも、この世代のトップランナーは「余裕でイニエスタ」だったと、玉乃氏は振り返る。

「僕もイニエスタ見たさに、学校の授業をサボってバルセロナまで飛んだくらいですからね(笑)。そうそう、“イニエスタ練(習)”というのが当時はあって、センターサークルでボールを止めて、ノーステップでサイドチェンジするっていう高度なプレーなんですけど、『それができない奴はボランチでは使わない』って、アトレティコでも普通に言われてました。それくらい、イニエスタは特別な存在だったんです」

【次ページ】 シーズン通して戦うのは難しいのでは。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

久保建英
レアル・マドリー
玉乃淳
アトレティコ・マドリー
フェルナンド・トーレス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ