欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

岡崎慎司、33歳のスペイン初挑戦。
「断る理由がない」ロマンと冒険欲。

posted2019/08/02 11:50

 
岡崎慎司、33歳のスペイン初挑戦。「断る理由がない」ロマンと冒険欲。<Number Web> photograph by Agencia EFE/AFLO

スペイン、マラガに加入が決定した岡崎慎司。欧州で3カ国目の挑戦となる。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Agencia EFE/AFLO

 今夏は多くの日本人選手が欧州へ旅立った。

 日本から欧州へ出ることすら難しいと言われた時代があったが、そのハードルは下がった印象を受ける。当たり前のように欧州5大リーグ、特にブンデスリーガへと移籍した時期を経て、欧州各国リーグに身を投じれば、日本でプレーするよりも、その後のステップアップが容易だという考え方が定着してきた。

 その上で重要なことは、帰国せずに欧州にしがみつけるかということかもしれない。

「試合に出られなくても、その場所でプレーすることの意味を受け入れなければならない」

 以前、岡崎慎司はそんなふうに語っていた。

 試合に出ることを優先するなら、母国のJリーグのほうが可能性は高いかもしれない。しかし「いや、そうじゃなくて」といった決意で渡欧したのであれば、困難や苦境も覚悟すべきということだ。

 欧州でのプレーを望む理由は、選手によって違うだろう。夢の実現、ステータス、収入、野心、成長欲、充実感。言葉で説明すればキリがない。

 33歳でリーガ・エスパニョーラ2部のマラガと契約を結んだ岡崎には、そこにロマンという言葉が追加されたように思う。

33歳でマラガと契約した岡崎のロマン。

 岡崎慎司という選手は環境の変化を恐れない。逆にそれを望んでいるような気さえする。

 4年前、29歳でプレミアリーグ・レスターへの移籍を実現させたのは、年齢を考えれば異例のケースだった。もちろん、彼の実績が評価されたからこそだが、本人は「過去は関係ない。ゼロからのスタート」と語っていた。

 それはスペインでも変わらないだろう。文字通り「スクラップ・アンド・ビルド」の精神だ。その考え方は岡崎が欧州で生き残るための術なのかもしれない。

【次ページ】 なぜ岡崎は環境を変えるのか。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岡崎慎司
マラガ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ