欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

久保建英のレアルでのライバル、
ヴィニシウス&ロドリゴは超逸材!

posted2019/07/29 12:00

 
久保建英のレアルでのライバル、ヴィニシウス&ロドリゴは超逸材!<Number Web> photograph by Getty Images

久保建英の“出世争い”相手となるヴィニシウス(中央)とロドリゴ(右)。レアルのチーム内競争は恐ろしく激しい。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 レアル・マドリーで、久保建英(18)と出世争いをする同世代のブラジル人選手が2人いる。昨夏入団してシーズン後半から左ウイングとして常時出場した19歳のヴィニシウスと、久保と同い年(厳密には5カ月早生まれ)で、同時期に入団したロドリゴである。

 いずれもウイング兼ストライカーで、プレースタイルが若い頃のネイマールと似ており、ブラジル国内では「潜在能力はネイマール以上」という声もある逸材だ。

 ヴィニシウスは、リオ北部の貧しい家庭の出身。5歳のとき、リオの名門フラメンゴが経営するサッカースクールに入った。

 ボールを蹴るのが大好きで、コーチに頼み込んで年齢別のすべてのチームの練習に参加したという。10歳のとき、フラメンゴの下部組織のテストを受けて合格。バスを乗り継ぎ、片道2時間以上かけて市の反対側に位置する練習場へ通った。

54億円の値札が付いたヴィニシウス。

 傑出したスピード、テクニック、パワーを生かしたドリブルで相手守備陣を翻弄し、貪欲にゴールを狙う。ネイマールと元ブラジル代表MFロナウジーニョを合わせ、さらにパワフルにしたようなタイプで、最も得意とするポジションは左サイドだが、右サイドでもプレーできる。

 2017年、U-17南米選手権に出場し、7得点をあげて得点王にして大会MVP。以後、欧州ビッグクラブからオファーが殺到し、最終的にレアル・マドリーとバルセロナの一騎打ちとなった。

 EU外出身の選手が欧州でプレーできるのは18歳になってからだが、レアル・マドリーは彼が17歳になる前に移籍金4500万ユーロ(約54億円)を積んで青田買い。18歳になる2018年7月以降に入団する契約を結んだ。

【次ページ】 久保とともに開幕前にアピール。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

久保建英
レアル・マドリー
ヴィニシウス・ジュニオール
ロドリゴ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ