マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフトは人生が変わる場所。
王子→広島→王子、川口盛外の場合。

posted2019/07/12 18:20

 
ドラフトは人生が変わる場所。王子→広島→王子、川口盛外の場合。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

プロ野球のスカウトは、人の一生を変える仕事である。広島の松本有史スカウトの周りにも、濃密な人生が渦巻いている。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 今回、『Number』カープ特集の「スカウトに『発掘眼』を学べ」の記事では、広島・松本有史スカウトが活動の中で関わった多くの関係者の方たちから、お話を伺う機会をいただいた。

 記事の中に盛り込めなかった中にも興味深い内容がいくつもあったので、この場をお借りして、そんな「こぼれ話」をご披露したい。

 西川龍馬選手の話を伺いに「社会人・王子」のグラウンドを訪れた時に、何かとお世話をしてくださった川口盛外(たけと)マネージャー。

 実はこの方、元・赤ヘル戦士である。

中継ぎでいける、という確信。

 静岡高のエースとして甲子園にも出場し、早稲田大では準硬式野球部の「絶対的エース」として君臨し、4年間で34勝と“無敵”の大活躍。そこから王子製紙に入社して、やはり左腕のエースとして奮投した。

 1年目から都市対抗野球でチームの準優勝に貢献して、新人王に相当する「若獅子賞」を獲得する大活躍。

 その覇気に満ちた投げっぷりに、東海地区担当・松本スカウトの心の針がビビッと動いた。

「本人、まっすぐのつもりで投げているボールが全部カットボールなんですよ。右打者の内角をガンガン突いていくピッチングで、打者のバットを粉砕した場面、何度見たことか……」

 どうしてそんな“クセ球”になるのか。

 川口投手の左の手首がほんの少し内側に曲がっているのを、松本スカウトは発見した。

「左手を空に向けた状態で、ちょっと小指側に傾いている。そのままストレートの握りで投げれば、スライダー回転になりますよね」

 打者の手元でキュッと動くこのボールがあれば、中継ぎでいける。

【次ページ】 2年のファーム生活の後、王子に復帰。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

広島東洋カープ
松本有史

プロ野球の前後のコラム

ページトップ